【Come on De Ligt!】6月22日~23日に掛けてのデ・リフト情報まとめ

6月22日~23日に掛けてのデ・リフト情報まとめ

朝起きたら『デ・リフト、ユベントス加入正式発表!』の報が届いているかなぁ、と思って楽しみに起床してスマホチェックしたら、届いていたのが『お兄ちゃん、たまには実家に顔出してあげて』と言う妹からのお怒りのLINEだけでした。しかし、デ・リフトに関する情報は大盛で流れていたので、日本語公式風味としてまとめておきたいと思います。

 

(※上記の画像はネットで拾ってきたコラ画像です)


 

[Corriere]デ・リフトは‘’Yes‘’とユベントスに伝えるだろう。昨年12月にユベントスはデ・リフトとその家族に会い、その後も決して諦める事なく交渉を続けてきた成果が実を結ぼうとしている。パラティッチは昨日ライオラと会談を持った。

 

[SKY]デ・リフト側はユベントスに対して年俸120万ユーロを要求する。そして移籍金も含めて更に1億5千万ユーロが必要となる。

[SKY]ユベントスは昨年アリアンツ・スタジアムで行われたイタリア代表 vs オランダ代表の時からデ・リフトへのコンタクトを続けており、その際にパラティッチとネドヴェドはデ・リフトをコンティナッサに案内していた。

 

[Kaveh Solhekol]デ・リフトはユベントスに近づいており、移籍金は6200万ユーロと言われている。なぜ、市場価格より半額になったかは知る由もない。

[Romeo Agresti]ユベントスはアヤックスにコンタクトを取り、デ・リフト移籍に関して交渉を始める。デ・リフトがトリノに向かう可能性はかなり高いと言えるだろう。

[Telegraaf]ユベントスはデ・リフト獲得レースで先頭を走り、移籍金は7000万ユーロで落ち着くだろう。

 

[Gazzetta]ユベントスはデ・リフトに対して5年/年俸1200万ユーロの条件を提示する。PSGも諦めずにライオラとのコンタクトを取り続けるが、終着点にユベントスの名前が見えてしまっている。

 

[Fox Sports]デ・リフトに関して手綱を握っているのは間違いなくライオラであり、ライオラ本人とデ・リフト双方にとって最良の選択を探していた。しかし、昨日で状況は大きく変化したと言えるだろう。

[Romano]ユベントスはアヤックスに正式なオファーをしていないものの、デ・リフトに関しては移籍金7000万~7500万ユーロで話がまとまると自信を見せている。同じ条件でPSGもアヤックスにコンタクトを取るだろう。

 

[Romano]ユベントスはデ・リフト獲得レースでPSGに勝つだろう。ライオラとの交渉にはパラティッチとネドヴェド両名で向かう事になる。

 

 

まとめ

ちょっとだけ、ちょっとだけ苦言を呈しておきますが、この1日で「デ・リフト、ユベントス移籍は決定的」ってなってるけど、ほんの少し前まで「デ・リフト、バルセロナ移籍は決定的」って報道されてたのよね。だから、油断したらダメ。のぼせたらダメ。その気になったらダメ。スケスケ通過からの正式発表されるまでは、一瞬たりともこれらの報道に躍らせれたらダメよーダメダメ。とは言いながらも、「踊る阿呆に見る阿呆、一番阿保さ丸出しで踊っているのは編集長♪」って感じで楽しいっちゃ楽しいし、これもオフシーズンの醍醐味のひとつ。こうなったら踊って踊って踊りまくってやりましょうや!

 

 

踊るケディラジャ