ニュースヘッドライン(2021年8月)

2021年8月

8月31日

PSVのイハッタレンがユベントスに加入!

ユベントスからではなくPSVが先に発表した形になりましたが、PSGに所属するイハッタレンがユベントスに加入する事になりました!(いつも通りユベントスからの発表はまだです)

「イハッタレンってイッタイダレヤネン?」って感じの方も多いと思いますが、ユベントスが所有権を持ったままにサンプドリアに貸し出されるようなので、時間を掛けてお互いを知り合えていければ良いと思います。

 

取り合えず愛すべく月ユベ毒者には、イハッタレンは「19歳のオランダ人ミッドフィルダー」と言う事だけ伝えておきます。極秘情報なので、門外不出でお願いしますね。

 


 

(TuttoSport)ユベントスがSOSを出す。ヴィツェルかピャニッチか。

キーンを連れ戻した後、ビアンコネリが修正すべきは中盤にある。ヴィツェルかピャニッチか。

 

プレースタイル的にはピャニッチですが、ヘアースタイル的にはヴィツェルを推したい所です。

 


 

8月30日

(Gazzetta)ディバラ、サンドロ、ベンタンクール…南米代表組がナポリ戦出場へ!

Gazzetta

ディバラ、サンドロ、ベンタンクール、クアドラード、ダニーロの南米代表組は、インターナショナルウィークに組まれているワールドカップ予選が終わり次第、プライベートジェットでトリノに帰還する。試合開始の24時間前にチームに合流し、そのままナポリ戦に帯同する事になるだろう。

 

あれっ、隔離があるとか何とか耳にしたんですが、関係なくなったんですかね。

 

まぁ、いいか。

 

 

小さい事は気にするな、ワカチコワカチコ♪

す、すみません…。

 


 

(Corriere)ユベントスは3つの過ちを犯した

ユベントスは3つの過ちを犯した。最初はアッレグリの首を切った事、次にマロッタとの関係。最後にロナウドとのGood-bye。

 

ここに「チンピラーロの島流し」は入らないのでしょうか?

 

 

入るかいっ!

 


 

8月29日

(Gazzetta)ビアンコネリは色褪せた

CR7が抜けた最初の試合、アッレグリに幸せは訪れなかった。スーパー・エンポリに敗れる。ビアンコネリは色褪せた。トップから5ポイント差。

 

この写真のふたりの頭髪も色褪せているので、Gazzettaもそこにフォーカスして見出しを書いたんだと思います。

 


 

(Goal Italia)エンポリ戦 採点

  • 6.5:キエーザ
  • 6.0:スチェスニー、デ・リフト、サンドロ、ロカテッリ
  • 5.5:クアドラード、ボヌッチ、モラタ、クルゼフスキ、ディバラ
  • 5.0:ダニーロ、ベルナルデスキ
  • 4.5:ベンタンクール、ラビオ、マッケニー
  • s.v.:デ・シリオ

 

厳しい試合展開の中でも「元気ハツラツオロナミンC(CはChiesaのC)」な動きを見せたキー坊が、チーム最高となる6.5をマーク。開幕戦の汚名を返上すべくコブタンは、「ノーコブターン」ながらもピンチを幾つか防いで6.0。中盤でスタメンに名を連ねた4選手は、全員5.0以下でオッペケペーな結果に終わりました。

 


 

8月28日

(急転直下)モイズ・キーンがユベントス入り!明日にもメディカル・チェックへ

Fabrizio Romano

ユベントスとエバートン間においてモイズ・キーンの交渉は成立した。イタリア人アタッカーは、明日メディカル・チェックでトリノを訪れる事になる。

 

キーちゃんが退団したと思ったら、モイズ・キーンちゃんがユベントス復帰との報道が届きました。

Nicolo Schiraさんの情報だと、契約は2023年まで2シーズンのレンタルとなり、一定の条件をクリアすれば「買取義務」になるようで、その際の移籍金は2500万ユーロ。年俸は400万ユーロと伝えられています。

 

なんだか一気にバブリーになってきましたな。

 


 

(Corriere)キングの時代に終止符が打たれる

キングの時代に終止符が打たれる。チャンピオンズリーグ制覇の目標を果たせぬまま、3年の時を経てトリノを去る事に。

 

ユベントスで挙げたゴールは101。その中で「直接フリーキックからのゴールはわずか1つ」と言う部分も、良い思いでとなる事でしょう。ユナイテッドでも直接フリーキックを蹴りに蹴りまくって、最終的には煙たがられて欲しいと思います!

 

これで万が一にもユナイテッドでFK決めまくったら、許さないからなー!

 

キーちゃんはこれですよ、これ!

 


 

8月27日

アッレグリ:「ロナウドにユベントスでプレーする意思はない」

アッレグリ on エンポリ戦 前日会見

昨日、ロナウドから「もうユベントスではプレーする意思はない」と伝えられた。ロナウドの功績、そして若手のお手本となってくれた事に感謝の意を伝えたい。

 

この言葉の通り、プライベートジェットですでにトリノを発ったキーちゃん。

 

ひと言でいえば「しゃーない」ですが、ふた言目を付け加える事ができるならば「ぴえん」。

 

 

キーちゃんに幸あれ!

 


 

UEFA年間最優秀選手賞にジョルジーニョが選出!

2020-21シーズンのUEFA年間最優秀選手賞が発表され、チャンピオンズ・リーグとユーロを制したチェルシーのジョルジーニョが選出されました。

 

その他では

 

  • 最優秀監督:トゥヘル(チェルシー)
  • 最優秀GK:メンディ(チェルシー)
  • 最優秀DF:ルベン・ディアス(シティ)
  • 最優秀MF:カンテ(チェルシー)
  • 最優秀FW:ハーランド(ドルトムント)
  • 最優秀偽CAP:ポヌッチ(元ミラン)

 

が選ばれております。

 

来シーズンはユベントスの選手が1人でも入る事を期待したいですね!

 


 

8月26日

(Corriere)エムバペは2億1500万ユーロ、ロナウドはフリー

エムバペは2億1500万ユーロ、ロナウドはフリー。グアルディオラはロナウド獲得に「Yes」、ただし条件は移籍金ゼロ。

 

キーちゃんの「フリー」って言うのは、「カロリー・フリー」の事ですよね。

 

 

えぇ、全然オモロくありませんね。

 

 

あーい、とぅいまてーん

 


 

明日、チャンピオンズ・リーグ抽選会が開催!ユベントスはポット2へ

日本時間の8月27日の深夜1時から行われるチャンピオンズ・リーグ抽選会。スーパーなんじゃらかんじゃらリーグを牛耳ったお仕置きで、参加権を剥奪されるのではないかと危惧しておりましたが、ユベントスはポット2に入る事が出来ました。(ポット1も2も関係なさそうですよね…)

 

個人的にはチェルシーと同組になって、「ロボとルカクのわんぱく相撲大会〜国際大会編〜が見られたらサイコーだなぁ(加山雄三風に)」と思っています。チェルシーに勝てるかは知らんけど。

 


 

8月25日

ロナウドがトレーニング途中で切り上げ!

Romeo Agresti

ロナウドは右腕を打撲した事により、予定より早くコンティナッサを後にした。選手の状態を観察する必要があり、もし痛みが長引くようであれば第2節のエンポリ戦を欠場する可能性もあるだろう。

 

非常にデリケートな時期なので、練習を早退しただけでも大きなニュースになりますよね。でも、打撲ならミキプルーン飲んでおけば大丈夫そうですけどね。知らんけど。

 


 

(Gazzetta)ペップはロナウドを見ている

CR7、ペップはあなたを見ている。マンチェスター・シティがロナウドに残された道。

 

開幕戦のスタメンから外れた事で一気に急展開を見せているキーちゃんの移籍話。編集長的には残留して欲しいんですが、雰囲気的に「リーチ、一発、ロナウドンジャラ!」ってなりそうな気がしているんですよね…

 


 

8月24日

(Corriere)ロナウドの7日間

ロナウドは移籍期限となる8月31日までに新天地を見つけるか、アッレグリを納得しなくてはならない。ジョルジュ・メンデスが移籍先を探す事に苦労しているが、ロナウドの目の先にはPSGがある。

 

移籍期限まで残り7日間。編集長的にはユッティと揉太郎の処遇が気になって仕方ありません。

だって、誰も気にしていないから、前情報なく黙テンで放出されそうだし…。

 


 

パウロ・ディバラがW杯予選を戦うアルゼンチン代表に招集!

2022年カタールW杯予選を戦うアルゼンチン代表メンバーの一員として、‘’俺たちのキュン‘’が招集されました!

代表でもゴールを決めて、QG(キュンガールズ)をキュンキュン、ビシャビシャさせて欲しいですね。

 


 

8月23日

アッレグリ、マッケニーとエンドンベレの交換トレードに「Yes」

Repubblica

アッレグリはスパーズのエンドンベレとマッケニーの交換トレードにGoサインを出した。

 

普通であれば「飛ばしっしょ」って言いたくなる所ですが、「火の無い所に煙は立たない」「毛のない人にはアフロは出来ない」と言われますので、少しばかり気にしておく必要はあると思います。

 


 

(Goal Italia)ウディネーゼ戦 採点

  • 7.5:ディバラ
  • 7.0:クアドラード、ベンタンクール
  • 6.0:デ・リフト、ボヌッチ、サンドロ、キエーザ、ラムジー、キエッリーニ、ベルナルデスキ、モラタ、ロナウド
  • 5.5:ダニーロ、クルゼフスキ
  • 3.0:スチェスニー
  • s.v.:ロカテッリ

 

1ゴール・1アシストを挙げたキュンがチーム最高の7.5。中盤を所狭しと走り回り、自身の持ち味を出した主任が7.0と高得点。コブタンはドンマイケルの3.0でブヒー。

 


 

8月22日

‘’ユベントスの宝石‘’パウロ・ディバラはウディネーゼ相手に8ゴール・6アシストを記録!

見出しの通りでして、キュンはウディネーゼ相手に自身最多の8ゴール・6ゴールを記録している模様。開幕戦のキュンキュン・ゴールにも期待が高まります!

 

 

そして「ウディネーゼ戦」と言えばナス大のハットトリックでしょう!あの試合で‘’ナースストライカー‘’になったんですよね。懐かしいです。

8月26日が何の日か知っていますか?

 


 

ボヌッチ:「新しい挑戦が始まる」

ボヌッチ on SNS

これから新しい挑戦が始まる。我々はイタリアで最も重要なチームであるユベントスです。我々は明日からの戦いに向けてひとつになります。

スタンドにいるファンの皆さんと我々が一体となり、目標に向けて進んで行きたいと考えています。

Fino Alla Fine.

 

初めて任された第3キャプテンとしての挑戦が始まるポヌッチ。3キャプとして控えめにチームを盛り上げて行って欲しいですね!

 


 

(Gazzetta)マックスは「ロナウド、ディバラ、キエーザ」のトリデンテで勝負する

ロナウドはユベントスに残る。アッレグリは開幕戦で「ロナウド、ディバラ、キエーザ」のトリデンテを起用する。

 

 

いざ開幕!

 

ひゃっほい!

 

😎ユベ議室で21-22シーズンを一緒に楽しみましょう😎

 


 

8月21日

フィオレンティーナ会長コミッソ:「ユベントスはキエーザを盗んだ」

コミッソ on Corriere dello sport

ユベントスはキエーザを盗んだんだ。考えても見てくれ、ユベントスとフィオレンティーナでは経済力に雲泥の差があるだろう。太刀打ちなんてできないさ。

ユベントスは常にスクデット争いを演じるビッグクラブだ。年俸予算だって2億ユーロも掛けているが、我々は7000万ユーロがやっとだ。でも、ユーべもインテルもバルサも借金を抱えている。チームが正常に機能していない証拠だよ。

 

何を今さら!

 

 

マンマミーヤ!

 


 

(Gazzetta)ひと足早い、ウディネーゼ戦スタメン予想。ロカテッリとカイオは…

<システム/4-3-3>

GK:コブタン
DF:オジーロ、ポヌ、フトシ、ケンさん
MF:主任、ラム兄、ゴロー
FW:キー坊、キュン、キーちゃん

 

そしてGazzettaはロカテッリとカツオもベンチ入りすると予想。

それより何よりユッティの名前も載っている事に安堵しました。たぶん、そこに目を付けたのは編集長だけでしょうが、それも愛、それが愛、愛が一番。

 


 

(Gazzetta)チャンピオンたちの戦いが始まる!

チャンピオンたちの戦いが始まる!欧州選手権からセリエAへ、パーティは終わらない。

 

欧州選手権優勝メンバーのうち、今シーズンのセリエAで戦う選手は22名もいるんですね(紙面下段の画像より)。ドンナルンマはリーグ・アンに移籍してしまいましたが、ドンナルンマはリーグ・アンに移籍してしまいましたが(大事な事なので2度言いました)、これらの選手達が今シーズンも盛り上げてくれそうです!

 

 

くぅーーー!

 

待ち切れないぜ!

 


 

8月20日

ロカテッリの背番号が発表!選んだのは栄光の27

新加入のロカテッリの背番号が‘’27‘’になる事が正式に発表されました!

 

選んだのは「ユベントス栄光の背番号」とも言える‘’27‘’。前人たち同様にインパクトのあるプレーを見せて欲しいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 


 

(TuttoSport)ディバラ・デイ!

ディバラ・デイ!ゴール、アシスト、そしてリーダー・シップ。ロナウド無しのユベントスは、ディバラと共に成長を果たす。

 

表向きは「調整の為にU-23との試合を欠場した」と言われていますが、ちょーーーっとばかり嫌な感じもしますね。オジーロにキャバクラ連れて行ってもらって、話を聞いてもらって欲しい所です。

 


 

8月19日

(Corriere)ロッカマニア!なんと言うユベントス愛

ロッカマニア!なんと言うユベントス愛。イタリア人ミッドフィルダーは、開幕のウディネーゼ戦でピッチに立つ可能性がある。

 

ロカテッリのユベントス愛はホンモノですね。パーヒャク、家出とかしないでしょうし、ファンの支持も厚くなる事間違いなしですよ。

 


 

ラフィアのスタンダール・リエージュ移籍が発表

ラフィアのスタンダール・リエージュ(ベルギーリーグ)への移籍が発表されました。契約は「買取義務が付いた1年のローン移籍」となり、このままユベントスを離れる確率が高そうです。

 

昨シーズンのコッパ・イタリアのジェノア戦で貴重な決勝ゴールを挙げたラフィア。月ユベとしても「マフィア」「ジャイアン」と言った愛称を温めていただけに、今回の移籍話は残念でなりません。公称22歳となっているので、年齢詐称で訴えられるのではないかが心配な部分はありますが、引き続きベルギーでの活躍に期待したいと思います。

 

 

Forza ラフィア!

推定年齢は38歳です。

 


 

8月18日

(Gazzetta)ユベントスは遂にプリンスを手に入れた!

ユベントスのミッドフィールドにロカテッリが加わる。オールド・レディは遂に‘’アッズーリのプリンス‘’を手に入れた!

 

ユベントスにはすでに「ゆとりの国の王子様」が所属しているので、これで王子枠はダブルキャストになりますね。王子ふたりの競演に期待です。

 

「やってやらないぞ感」がビンビンに伝わって来ますね!

 


 

(Gazzetta)ロカテッリがJメディカルに到着!ファンが掛けた言葉は…

Gazzetta

ユベントス移籍が確定的となったロカテッリだが、メディカルチェックの為にJメディカルに姿を現した。そして待ち構えていたファンのひとりが「ずっとずっとアタナを待っていましたが、待った甲斐がありました。一緒にタイトルを獲得しましょう!」と声を掛けていた。

 

ここで、あみんの『待つわ』を流して迎えていれば、「なかなかウィットに富んでるじゃないか」って思ったんですけど、現地のファンも意外と普通でしたね。

 

何にしてもイケメンですし、現地では早速ファンサービスを行っていたみたいですし、人気が出そうで何よりですわ。

 


 

(SKY)ロカテッリ、開幕ウディネーゼ戦招集へ!

SKY

ロカテッリは開幕のウディネーゼ戦に招集される事になるだろう。

 

どうやらベンチスタートではあるものの、帯同メンバー入りはするようです。

試合展開次第では『初出場』となるかもしれませんが、編集長的には「ポヌッチがKD(=ケツ・ディフェンス)からPKを献上して苦しい展開に立たされる」と予想していますので、ロカテッリの開幕戦出場については大きな期待を持たない方がいいと思います。

 

『ポヌッチのKDからの小外刈り』

 

今シーズンの必殺技になるかもしれませんね。

 

 

なるかいっ! 

 


 

8月17日

(Romeo Agresti)ユベントス、ロカテッリ獲得に向けて最終金額提示へ!

Romeo Agresti

ユベントスは今週中にロカテッリ獲得を決める為、最終的な提示金額を決定したようだ。金額は3500万ユーロとなるが、獲得形態(=完全移籍か買取義務付きのローン移籍か)だけがまだ定まっていない。

 

「朝、目が覚めたらロカテッリが決まっていないか」と期待しながら起床するのですが、今朝は目が覚めたら嫁が不機嫌でした。どうやら、テーブルの上に食べ掛けのポテトチップスを出しっぱなしにしておいたのが原因のようです。

えぇ、「事件はトリノで起きているんじゃない、現場で起きてるんだ!」って感じですね。知らんけど。

 


 

8月16日

(Gazzetta)ラ・ホーヤが戻って来た!

ユベントスはマックス(・アッレグリ)の期待に応えた。ディバラは誰にも止められない。ベルナルデスキとモラタが仕事をした。

 

キュンは止めなくて構いませんので、どなたかポヌッチの‘’ケツ・ディフェンス‘’を止めて下さい。毎試合ケツでPK献上してたら、勝てるもんも勝てませんわ。。。

 


 

(Corriere)ディバラとベルナのゴール、偉大なるユベントス!

ディバラとベルナのゴール、偉大なるユベントス!

 

キュンのゴールもさる事ながら、内田裕也のゴールもロックンロールでしたよ。えぇ、ベルナルデスキの愛称が「内田裕也」でロックンロレるか分かりませんが、行ける所まで行ってみますよ。

 

 

ロッケンロー!

 


 

8月15日

(SKY)ロカテッリはユベントス移籍前提により、ラツィオ戦に招集されず

SKY

ロカテッリは親善試合のラツィオ戦に関して「招集外」となった。ユベントス移籍を睨んでの事だろう。

 

確かに移籍直前の選手は怪我防止の観点から招集外(またはベンチ)になる事が多いですが、たまたまロカテッリが拾い食いしてお腹壊しちゃっただけの可能性もあります。何してもこの話については、公式が発表するまでは油断イチモツですよ。

 


 

(Gazzetta)ロカテッリに適正オファー。さぁ、ユベントス移籍へ!

ユベントスはロカテッリに適正金額を付けた。3500万ユーロで合意へ。ユベントスのロカテッリ誕生か!

 

ここ数か月の流れを目にしているので、こんな報道が出ても一切喜べません。油断イチモツですよ。

 


 

8月14日

(Luca Bianchin)ディバラは‘’偽9番‘’としてプレーする

Luca Bianchin

トレーニングにおいて、アッレグリはディバラを‘’偽9番‘’の位置でプレーさせている。明日行われるアタランタ戦では、左にロナウド、右にキエーザ、そしてセンターフォワードにディバラが配置されるだろう。

 

偽キャプテンのように、「ホンモノのニセモノ」にならない事を願うばかりです。

 


 

(Di Marzio)ジェノアは長友佑都の獲得を検討している

Di Marzio

ジェノアは長友佑都の獲得を検討している。日本人フルバックは現在フリーエージェントである。

 

インテルで210試合出場(12ゴール・17アシスト)の実績のある長友。年齢も34を重ねましたが、しかしジェノアがこの‘’計算できる‘’ベテランサイドバックに目を付けたとしても、なんら不思議ではありません。

今シーズン、長友とチンピラーロがお辞儀するシーンが見られるかもしれませんね!

 


 

8月13日

(TuttoSport)ユベントスーロカテッリ、今日決まらなければいつになる?

ロカテッリの転機。ユベントスとロカテッリ、今日決まらなければ、いつになる?CEOのアリバベーネも会合に出席。

 

最終的には「開いて見たらカセレスだった」だと予想しています。それくらいのスタンスじゃないと、カルチョ・メルカートは楽しめませんよ。

 


 

(Nicolo Schira)フェリックス・コレイアのパルマ移籍が迫っている

Nocolo Schira

フェリックス・コレイアのパルマ移籍が迫っている。契約は買取オプション付きのローンとなるだろう。

 

買取オプションが付いているので戻って来れるかは分かりませんが、取り合えず松野さんの下で「攻める、守る、脱ぐ」の基本を学んできて欲しいと願います。

 


 

8月12日

(Gazzetta)リッピからアッレグリへのアドバイス

リッピ:「私も2年の時を置いてユベントスに戻った後に2つのリーグタイトルを獲得し、そしてチャンピオンズリーグ決勝に辿り着いたとマックスに話をしたよ。まるで自分を見ているようだ。我々は共通点があるね。彼は経験が豊かで、そして狡猾さも備えている。もちろん良い意味でだよ」

 

狡猾なだけに「残る残る匂わせからのー、ユッティ放出」とかあるので、こちらも油断できないんですよね。

 


 

(TuttoSport)ラ・ホーヤの土曜日

ユベントスとディバラの代理人との会合は明後日・土曜日に開催される。合意に向かう可能性は高いだろう。

 

これで決まらないのがメルカート。大きな期待を寄せるのはイチモツですよ。間違えました、禁物ですよ。

 


 

8月11日

PSG、メッシ獲得を正式に発表!

バルセロナを退団したメッシを獲得した事を、PSGが正式に発表。契約は2023年までの2年契約(1年のオプションあり)で、背番号はバルサ時代にも背負った30に決定しました。

 

「メッシ=バルサ」のイメージだったので少々の驚きもありますが、セルヒオ・ラモスもPSGに移籍し、そして少し前ではありますがレオナルド・ボヌッチもミランのユニフォームに袖を通す時代。確かに今回のメッシ移籍劇には自分の意思ではどうにもならない部分があったものの、それでも現代サッカーにおいて‘’ワンクラブ・マン‘’でい続けるのは難しい事だと痛感されました。

 

 

 

 

もはや何が起きても不思議ではありませんよ。

 


 

8月10日

(Gazzetta)ボヌッチ:「スクデットをトリノに持ち帰りたい」

ボヌッチ:「スクデットをトリノに持ち帰り、チャンピオンズリーグでは出来る限り高みまで辿り着きたい」

 

たぶん、頭の中はスクデットでもなくビッグイヤーでもなく、キャプテンマークの事でいっぱいだと思うのですが…。

 


 

8月9日

(Romeo Agresti)ユベントスとサッスオーロの4回目の会合は、数時間の内に開催される

Romeo Agresti

ユベントスはロカテッリの獲得を早く決めたいと考えており、数時間の内にサッスオーロと4回目の会合を持つ事になった。

 

バルセロナ戦を見ても痛感じたけど、やっぱりレジスタの補強は必要。Maji寄りのMajiで、キー坊がアケミちゃんにぶっこんでるオプションをAからCにランクダウンしてでも、ロカテッリの移籍金捻出して欲しいわ。

 


 

(Tutto Sport)ネトがバルサゴールに立ち塞がる

ネトがバルセロナゴールに立ち塞がり、ユベントスは完封される。バルサはガンペール杯を掲げる。

 

上記の画像を見て頂きたいのですが、センターはクアマン、ユッティ、揉太郎の3人。何とも誇らしい気持ちになりました。

 

えっ、試合内容?

 

 

知るかいっ!

 


 

8月8日

(Corriere)ルカクの代役はジェコとサパタが候補に

1億1500万ユーロを残してルカクはチェルシーへ。代役にはジェコとサパタが候補に。

 

本命はジェコのようですが、サパタの可能性も消す事は出来ず。ジェコは少し細身ながら193センチの長身で、サパタは186センチながら重心の低い80キロ。どちらが残っても、引き続きインテル戦はワンパクる事が濃厚となっております。

 


 

(Gary Jacob)ラウタロのトッテナム移籍合意が間近に!

トッテナムはラウタロ獲得に向けて、インテルが望む金額を用意する事にした。

 

これを報じたGary Jacobさんは、見て頂いた通りTwitterでも認証マークがついているThe Timesのスポーツディレクターのようなのですが、しかし今回の件に付いて信憑性は「まだ何とも」と言った程度でしょうか。

実際にTwitterのリプ欄でも「Romanoさんが『ルカクがチェルシーに移籍したらラウタロは残留』って言ってたぞ」と返している方もいて、個人的にもインテルがそこまで大放出するとも思えません。しかし、いずれにしてもトッテナムがラウタロを狙っている事は間違いなく、インテルに関してはちょいと正念場になりそうな感じです。

 

ユベントスは挙がる噂が「ラツィオ、フィオレンティーナがルガーニを狙っている」程度ですから、ほんと可愛いもんですよ。知らんけど。

 


 

(ガンペール杯)バルサ戦 スタメン予想

毎度ながらにTwitterで拾って来たものなので、どこがネタ元か分かりませんが載せちゃいます。

 

<スタメン予想/4-3-3>

GK:コブタン
DF:ユッティ、フトシ、揉太郎、ペッレグリーニ
MF:主任、ラム兄、池崎
FW:キー坊、スネ夫、キーちゃん

 

中盤三枚、レジスタに入るのはラム兄!(愛称は「ラム坊」か「ラム兄」かで最終調整中)。スリートップにはキー坊、スネ夫、キーちゃんが並び、センターバックにはフトシ、右サイドバックにはユッティが入ります。徐々に開幕モードに入って来ました。本当に楽しみですね!

 


 

8月7日

(Tutto Sport)ミランはイリチッチと個人合意に達している

TuttoSport

ミランはイリッチと個人合意に達したが、アタランタとの交渉は難航している。ベルガモのチームはイリチッチ放出に際して600万~800万ユーロを要求しているが、ミランは400万ユーロで話をまとめたいと考えている。

 

ミランはドンナルンマを抜かれたものの、メニャンも獲ったしジルーも獲ったし賑やかでいいですね。ユベントスなんてユッティの残留ひとつで、善しも悪しもひと盛り上がりですよ。

 


 

(AS)チェルシーはルカクではなくメッシに舵を切り直す可能性もある

チェルシーはメッシに近づく為の準備を進めている。そうなればルカク獲得に何かしらの影響を及ぼす事になるだろう。しかし、いずれにしても本命がPSGである事は変わる事はない。

 

適切な表現ではないかもしれませんが、ルカクに行こうと思った所にメッシが現れて頭を悩ませるなんて、「金のある不幸」なのかもしれません。ユーべなんて「デ・シリオが残留濃厚」がニュースになり、それで一喜一憂できますからね。これはこれで幸せですわ。

 


 

8月6日

(Gazzetta)メッシはバルセロナを離れる

メッシはラ・リーがにブロックされ、バルセロナを離れる。ポールポジションにはPSGが立つ。

 

バルサにもメッシにも更新の意思はあったものの、リーガのナンジャラカンジャラとか言うルールにより更新できず。やはり恋もメルカートも思わぬ所で大どんでん返しが待ち構えているものなんですね…。

 


 

8月5日

(Tutto Sport)ルカクはチェルシーに向かい、インテルはサパタを望む

ベルギー人ストライカーは、チェルシーに移籍したい事をシモーネ・インザーギに伝えた。

 

セリエから屈強なアタッカーが減るのは本当に残念ですが、今シーズンはサパタが横綱に昇進して、ロボとのワンパク相撲大会を盛り上げてくれると信じています。

 


 

8月4日

復帰を目指すエリクセンがアッピアーノ・ジェンティーレを訪れる

他チームの選手になりますが、触れない訳にはいかないでしょう。

 

心停止によりユーロ2020を後にしたエリクセンですが、インテルの練習場であるアッピアーノ・ジェンティーレを訪れて、チームメイトならびにスタッフに挨拶をしたようです。

復帰には少なくとも半年が掛かり、そしてセリエAに復帰できるかは不透明ではあるものの、しかしユベントスとしてはまだまだエリクセンには借りがある状態。まずは時間を掛けてでも万全の状態にコンディションを戻し、そしてまたピッチの上で相まみえる事ができればと考えております。

 

 

Forza Eriksen!

 


 

(Gazzetta)ルカクのチェルシー移籍が濃厚に

ルカク、インテルからチェルシーへの移籍が濃厚になってきた。

 

他のチームの事で恐縮ですが、ルカクのチェルシー移籍が現実味を帯びて来たようです。もし実現すれば、来シーズンは「ロボ対ルカク」のワンパク相撲大会を見る事が出来ず。更にはロボのひとり横綱状態に。寂しくなりますね。

 


 

8月3日

(Corriere)ロナウドの将来は定まっていない

ロナウドの将来は定まっていない。CR7はトリノを去りたいと考えているが、エムバペにブロックされている。

 

  1. エムバペ→レアル・マドリー
  2. ロナウド→PSG
  3. ヨメルディ→ユベントス
  4. イカルディ→ユベントス

 

最初のブロックが崩れた瞬間に、上記の順番で大きな流れが生まれるかもしれませんね。えぇ「3」が先でその後に「4」です。

 


 

8月2日

(Fabrizio Romano)キエッリーニはユベントスと2年間の契約延長へ!

Fabrizio Romano

ユベントスはキエッリーニとの2年契約で合意に達する準備が整った。

イタリア代表キャプテンは、カタールワールドカップ出場を視野に入れている。

 

キーちゃんにしてもポヌッチにしてもそしてロボにしても、結局のところズルム系の選手は欲しがり屋さんばかりなんですよ。来年のカタールW杯では、スアレスとの再茶番劇にも期待したい所ですね。

 


 

(Gazzetta)ユベントスはジョルジュ・カイオ獲得に向けてサントスと合意!

ユベントスはジョルジュ・カイオ獲得に向けてサントスと合意!来週にもトリノへ。

 

顔つきはズルム系ですが、19歳ですからチェリッシュ入りもあり得ますね。もちろんキー坊もミノルも卒業させずに、2名から3名への増員となるだけですが

 


 

8月1日

Fabrizio Romano:ユベントスのジョルジュ・カイオ獲得に「Here We Go!」

Fabrizio Romano

ユベントスはサントスのジョルジュ・カイオへの獲得が完了した。Here We Go!

 

このジェット機でトリノに向かうようです。

 

 

Here We Go ヒロミ!

 

 

愛称考えよーっと。

 


 

アッレグリ:「ラムジーはレジスタの位置で良いプレーを見せた」

アッレグリ

今日の試合でラムジーは良いプレーを見せてくれた。ディフェンスラインの前に位置するレジスタとして、重要な選手になるだろう。

 

確かにサプライズではありましたが、振り返ってみれば第一次政権でも「ナス・ジャンを偽スリーバック」「ユッティを偽センターバック」で起用していましたし、何気にここ2試合でも「デ・ウィンターをシレっと夏に起用」って言うのも見せています。

まぁそう考えると、吉田のヨッシーのレジスタ起用なんて、朝飯前からもしれませんね。ナイトゲームだったので夕食前かもしれませんが。知らんけど。

Posted by 編集長ミツ