【ベナティアのイジケてるインタビュー紹介、ほか】2018年10月14日の月刊ユベントスNews

2018年10月14日の月刊ユベントスNews

ユベchで「Myベスト11」的なお題を投げてみましたので、ぜひご参加下さいまし!

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)


 

エナタビュー

『ミスター・ロスタイム』ことエナティアがユベントスTVで生意気にもインタビューを受けていました。

昨シーズンに比べて出場時間が限られているのは残念だ。でも、私はいつでも出場できる準備は出来ているよ。誰がも試合に出場したいとは思うだろうが、ユベントスには同じレベルのチームが2つ存在するのと同じなんだ。

とにかくハードにトレーニングをこなし、いつ声が掛かっても良い準備をするだけだよ。

 

2018-19のファースト・エナりをファンも待ち望んでおります。

 

 

略してハメス・ロドリゲス

コバチ新監督との関係が良好とは言えず、「今シーズン終了後にバイエルンは買取オプションを行使しないだろう」と言われているハメス・ダビド・ロドリゲス・ルビオ(愛称:ハメ太郎)ですが、レアル・マドリー時代に一緒にプレーしていたロナ王が「欲ちぃ」と言ったとか言わないとかで、早ければ1月の獲得に向けてオファーを出すとも言われています。

 

前線の選手、お腹パンパンなんですが…。

 

 

ここは欲しい!

シーズン開幕前に「ポルちゃんとチンピラーロの抜けた穴を埋められる選手」として、補強候補に挙がっていたアトレティコのゴディンですが、「ユベントスが再度獲得に乗り出す」と言われております。

加えて同じアトレティコのサヴィッチの名前も浮上しており、いずれにしてもユベントス側からアトレティコへのコンタクトが生じる可能性が出てきました。

 

 

このひとがサヴィッチ。髪型といいヒゲといい、なかなか味がありそうです。つーか、ビートルズにいそうだな。

 

 

このひとがゴディン。ポルちゃん、チンピラーロの穴を埋める事ができるのはこの男しかいない!

 

 

メンゴール


ブラジル代表の一員としてサウジアラビアと戦ったメンディですが、フルタイム出場した上にゴールを挙げて勝利に貢献しました。

 

つーか、ゴールいらんから休ませて欲しいわ…。

 

 

GoGoGoro

日曜日にネイションズリーグのポーランド戦に臨むイタリア代表ですが、五郎スキーはウクライナ戦に続いて偽五郎のポジションでスタメン出場する見込みのようです。

 

今シーズン、純粋なセンターフォワードとしては布袋とナス大がおりますが、違うタイプの五郎スキーがセンターフォワードをこなす事ができるようになれば、ユベントスとしてもオプションが増えて大きなプラスになりそうですね。

 

 

羊肉ジー

「アーセナルとの契約延長交渉が破談し、契約満了となる今シーズン終了後に移籍する事が確実」と言われているラムジーですが、ユベントス、ラツィオ、ミランのイタリア勢が早速コンタクトを取っていると言われています。

 

トランスファー・フリーの選手だと、漏れなくユベントスの名前が挙がっていると感じるのは私だけでしょうか…。

 

 

どうせ獲らないだろうけど

今シーズン公式戦8試合で13ゴールと取りに取りまくっているジェノアのピアテックですが、ジェノアは「1月に移籍させるが、今シーズン中はそのままローンでジェノアでプレーさせる条件」で、各チームと交渉を始める模様。

ちなみに国籍は「ブタ鼻マークのコブタン保険」でお馴染みのコブタニーと同じポーランド。昨日のポルトガル戦でもゴールを挙げております。

 

つーか、ゴール後のパフォーマンスが「ウィッシュ@DAIGO」にしか見えませんわ。

 

よー知らなかったんですが、スピードもあるしなかなか良い選手ですな。

 

 

 

まとめ

ゴディンが今シーズン末で切れる契約を、まだアトレティコと延長していないのは気になりますね。

月ユベでもうひと伸びさせる自信あるんだけどなぁー。

 

世界のメッシにも食って掛かります。

 

ロナ王にも負けておりません。