優勝が決まっても残り5試合を超絶楽しめそうなので、見所をご紹介します。

優勝が決まっても残り5試合を超絶楽しめそうなので、見所をご紹介します。

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑愛称説明逆引き選手名鑑)

 


 

すでにスクデットを決めながらもチャンピオンズ・リーグ、コッパ・イタリアを敗退している為に、国内リーグ残り5試合が消化試合になってしまうのではないかと危惧していましたが、今後のスケジュールを確認したら超絶モチベーションキープ出来そうな対戦相手が名を連ねておりましたので、見所などを含めてご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

第34節:インテル戦(3位)/Away

2位のナポリに勝ち点差6と迫ってはいますが、逆に4位のミラン、5位のアタランタとの勝ち点差は5と決して3位安泰とは言えません。今節インテルが負けて、ミランとアタランタが勝つとワンチャンCL圏内から脱落する可能性も持ち合わせます。とりあえず師匠のいる左サイドを徹底的に狙いまくって勝ちましょう!

 

 

第35節:トリノ戦(7位)/Home

因縁のトリノダービー。現在トリノは6位のローマに勝ち点差2の7位に付けており、EL出場権が手の届くところに。アウェイながらユーベに勝ってELに近付きたい所ですが、ロナ王がまたイチャソに胸でドーン!て行っちゃうかもねー。

ちなみにこの胸ドン画像ですが、一番悪い顔をしているのはポヌッチでした。

 

 

第36節:ローマ戦(6位)

トリノの足音が聞こえているとは言え、4位のミランとはわずか勝ち点差1でCLが見えてきたローマ。個人的には『ユベントスへの移籍間近』とも言われているマノラス・ダービーとなりますが、マノラスに程よく活躍してもらい、アレ太くんに『アニエリえもーん、チャンピオンズ・リーグ獲る為にもマノラスが欲しいから札束出してよー』と言わせて欲しいと思っています。

 

 

言うかっ!

 

 

 

第37節:アタランタ(5位)/Home

現在、4位ミランと勝ち点56で並び5位に付けており、コッパ決勝にも駒を進めている勢いを考えると、CL出場権獲得は十分にありえると思います。とは言え、ユーベもコッパ・イタリアでは『ユッティのセンターバック起用』と言うイリュージョンの影響もあり敗戦を喫したのも記憶に新しいところ。あの時の借りを返したい所ですが、ユーベ守備陣がサパタ止めらっかなー。止められないだろうなー。

 

 

第38節:サンプドリア(9位)/Away

EL出場圏内の6位に位置するローマまでは勝ち点差7離されており、ワンチャンどころかツーチャン必要な状況に置かれておりますが、最終節まで5試合ある事を考えれば決して不可能な数字とは言えません。そしてクリアラレッラの得点王が掛かる試合となれば、更にモチベーションは高まるはず。最終節という事もあり、『お茶濁し要員でピンちゃん出場→失点』のお約束を見たい気もしますが、この試合にクリーンシートの上に勝ちを収めてサンプドリアから色々なものを奪って欲しいと願います。まぁ、またピンチになったらMr.VARさんが助けてくれるでしょう!

 

 

 

つーことで、消化試合にするにはもったいない相手ばかり!けが人の状況を鑑みても普段ベンチを温めているメンバーや、それこそユース上がりのアルファベット系選手がスタメンに名を連ねる事も多いかと思いますが、それで勝ってこそユベントス。そのメンバーで相手を奈落の底に落としてこそユベントス。更に言えばその状況を楽しんでこそユベンティーニ!

今シーズンも最後の最後まで楽しみましょう!

 

 

Forza JUVE! 

 

 


 

編集長のつぶやき

編集長
このままだとお題目掲示板が閉鎖に追いやられるな。編集長可哀想だよなぁ。誰か投稿してくれないかなぁ。モチベーション保てるかなぁ。。。(※独り言なので気になさらないで下さい)