【今日の試合を戒めにして】2018-19シーズンCL GL第6節 vs ヤングボーイズ戦 レビュー

2018-19シーズンCL GL第6節 vs ヤングボーイズ戦 レビュー

ヤングボーイズ 2-1 ユベントス

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)


 

 

お前らーーー

 

 

勝つ気あるのかよーーー

 

 

優勝する気あるのかよーーー

 

 

忘年会の次の日に、朝5時起きするのがどんだけツラいか分かってんのかよーーー

 

 

 

つーことで、全てダメでした。

 

攻撃は連動性がなくてダメ。

守備は組織立ってなくてダメ。

選手にも気持ちが入ってなくてダメ。

主審もキュンのゴールを取り消しちゃダメ。

プレーヤーズ解説とやらで話してた播戸竜二も、ユッティdisりまくりでダメ。

 

とにかくダメ。

全部ダメ。

こんなんじゃダメ。

 

 

ヒロシが薄毛と言うハンディをもろともせず、1週間前から『重要な一戦』と口にしていたのに、選手はその言葉に全く応えておらず。特に後半も25分を過ぎた頃から、2点差になり気持ちも萎えたのかボールを追わない姿勢には、本当にお父さんガッカリでしたし、到底チャンピオンズリーグ優勝を目指すチームではないと感じました。

もちろん、グループリーグに関しては『勝つこと』ではなく『決勝トーナメントに進出すること』が目的であり、1位でも2位でも構わないのですが、プレビューでもお伝えした通り、恐らく強豪と言われているチームが1位通過すると予想する以上、やはり1位で抜けて欲しかったし、それでこそユベントスだと考えていました。

 

この結果を受けてユベントスが1位通過をする為には、マン連が万が一にでも負けるしか無いわけですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

!!!???

 

 

 

負けてるーーー!

 

 

お付き合いしてるーーー!

 

 

どんだけーーー!

 

 

 

つーことで負けたけど1位!

 

試合内容はヘボかったけど1位!

 

『(八塚さん)デ・シリオは守備を重視する試合で起用されたりしますからねー』、からのー『(播戸竜二)でも、ディフェンスも強くないですけどね』の発言を聞いて、涙で枕を濡らしたけど1位!

 

 

 

それでこそユベントス!

 

これがユベントス!

 

This is Juventus.

(これはユベントスです)

 

 

 

えっ、戒め?

 

1位通過したからいいじゃない。

負けた理由は「人工芝」と、コスタるんの「ゴール前横断ウルトラクロス」。

もう、これでいいじゃない。

人間だもの。

 

 

さぁ、抽選で超絶チーム以外のクジを引くのじゃーーー!

 

優勝するどーーー!

 

 

 

Forza Juve!