【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


ボローニャCEO「我々は大部分の選手を維持する事を望んでいる。カラフィオーリを売却しない事を代理人には伝えた」



 

【JuveFC.com】

ユベントスは新しい監督としてチアゴ・モッタを確保した後、ボローニャのリッカルド・カラフィオーリに真剣な興味を示しています。

カラフィオーリは昨シーズン、モッタ監督の下で活躍し、ボローニャのチャンピオンズリーグ出場権獲得に重要な役割を果たしました。

イタリア人ディフェンダーはボローニャで満足していますが、自身の成功を助けてくれた監督の離脱が彼の移籍希望に影響を与える可能性があります。

 

 

ボローニャは歴史的に選手の売却に対して開かれており、チームの所属選手に大きなクラブが興味を示していることを認識しています。

しかし、チャンピオンズリーグで戦うべく、主要選手を維持する決意を見せています。

CEOのクラウディオ・フェヌッチは、カラフィオーリの将来に関する問い合わせに対し、彼らの立場を確認するために代理人に対して意向を通達済みであり、Calciomercato.comに引用されたように次のように述べています。

「カラフィオーリに関して、私は今シーズンの大部分の選手を維持することを望んでおり、その中の1人であることは言うに及ばずです。

来シーズン、私たちはこのグループと共に進んでいきたいと考えており、このチームはまだ改善の余地があります。

我々は彼らと共に戦うことを望んでいます。現時点では、彼のエージェントにカラフィオーリを放出する移意向がないことを伝えています。」

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓