カラフィオーリ獲得を目指すユベントス、交換要員としてミリクをボローニャに提供か!ザークツィが…



 

【JuveFC.com】

報道によると、ユベントスはボローニャのディフェンダー、リッカルド・カラフィオーリと引き換えにアルカディウシュ・ミリクを提供するかもしれません、

この22歳の選手は、今シーズンのボローニャでの活躍を受けて、オールド・レディの最終的な移籍ターゲットとして浮上しています。

イタリア人監督のチアゴ・モッタは、カラフィオーリをトリノで再会させることに興味を示しています。

 

 

私たち皆が知っているように、この41歳の監督はボローニャを離れてユベントスの新しい監督に間もなく任命されることになっています。

さらに、ボローニャのゼネラルディレクター、ジャンルカ・サルトリ氏が先週の土曜日にアリアンツ・スタジアムに姿を現しており、ユベントスとボローニャの間で交渉が進行中であることを示唆しています。

Gazzetta dello Sportよると、ユベントスがミリクとカラフィオーリを含む交換取引を提案しています。

ビアンコネリは今夏、チームを刷新しようとしていますが、資金が限られています。したがって、選手交換は彼らが費用を抑えるのに役立ちます。

さらに、ボローニャは新しいストライカーを必要としており、特にジョシュア・ザークツィを失う可能性があり、オランダ人ストライカーに対してはアーセナル、インテル、さらにはユベントスなど、いくつかのクラブが関心を寄せています。

それにもかかわらず、ミリクの給与はエミリアのクラブにとって障害となっています。

ポーランド人ストライカーは現在、手取りで年間350万ユーロの年俸を受け取っており、ボローニャには手が出す事ができません。、

したがってこの交換取引は、ユベントスが30歳の選手の一部の給与を負担する、ローン取り引きでのみ実現する可能性があります。

元ナポリのストライカーとビアンコネリとの契約は2026年まで有効です。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓