【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


契約延長拒否の姿勢を示すマッケニー「リーズから戻った後、ユベントスの僕の扱いは酷いものだった」



 

【JuveFC.com】

ウェストン・マケニーは、2022/23シーズンの後半をリーズ・ユナイテッドへローン移籍し、ユベントスから完全移籍することを希望していました。

しかし、彼のプレミアリーグでの期間は失敗に終わり、リーズの降格を防ぐことができませんでした。

その結果、リーズは彼の買い取りオプションを行使する義務は発生せずに、マッケニーはユベントスに戻りました。

 

 

しかし、オールド・レディはアメリカ人選手から手を引いたようで、彼のロッカーを更衣室から撤去しました。

マッケニーが戻ってきた時、彼はユベントスの若手選手たちと一緒に着替えることになり、それは彼にとってベストを尽くし、自身の批判者たちに間違っていることを証明するモチベーションとなりました。

マッケニーはThe Athleticに次のように語っています。

「その時は状況が難しいものになるだろうと分かっていましたが、それがこれほどのものになるとは思っていませんでした。

自分のロッカーもないし、ホテルの部屋もないし、駐車スペースもありませんでした。それにより、アカデミーの子供たちとロッカールームで着替えなければなりませんでした。

ユベントスで一度も試合に出場したことがない選手たちがメインのロッカールームで、「たった6ヶ月間離れただけで、こんな風に扱われるんだ」と思ったことを覚えています。

ユニフォームの背番号ももらえませんでした。他に誰もその番号を使っていなかったのにも関わらず、です。

その対応を目にして「わかった、クラブはこんな風に私を扱いたいんだね。じゃあ、自分はフィールドで結果を出してやる」と思い奮起しました。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓