【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


新監督を探すユベントス、チアゴ・モッタ招聘失敗となれば"プランB"でデ・ゼルビ獲得を検討か!



 

【JuveFC.com】

ユベントスの監督ポジションは、マックス・アッレグリの後任を探す中で未解決の議論のままです。

ビアンコネリは、解任されたアッレグリの後任として、チアゴ・モッタを選んでいます。

モッタはボローニャで素晴らしい成績を収めており、ユベントスは彼が監督になれば再び良いチームにすることができると確信しています。

ビアンコネリの首脳陣は、ボローニャが彼の下で躍動しているのを楽しんでおり、新シーズンのユベントスでも、そのアプローチを見たいと考えています。

 

 

しかし、ボローニャも彼がチームを率いて来シーズンのチャンピオンズリーグに出場させたいと望んでいます。

モッタは自分の未来を決めるプレッシャーを感じており、数日以内に回答をすると述べています。

ユベントスは彼を監督として確保できると自信を持っていますが、彼がボローニャに留まる可能性もあります。

その場合、TuttoJUVEの報告によれば、ビアンコネリはロベルト・デ・ゼルビに頼ることになります。

彼はシーズン終了後にブライトンからの退任を発表しており、ユベントスの監督としてセリエAへの復帰を好むかもしれません。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓