アッレグリ側はTuttoSport編集長に対する脅迫を否定!どうなる、解任問題…



 

【Football Italia】

ユベントスの監督、マッシミリアーノ・アッレグリは、彼の弁護士パオロ・ロデラを通じて公式声明を発表し、水曜日のコッパ・イタリア決勝戦後に行われたTuttosport編集長Guido Vaciagoの主張を完全に否定しました。

水曜日の決勝では1-0の勝利を収めたものの、ユベントスの祝勝会はアッレグリのベンチでの行動とVaciagoとの報告された口論によって曇りました。

Vaciagoはアッレグリが彼を"くだらない編集者"と呼び、「お前の両耳を引き抜くぞ。顔を殴りに行くぞ。新聞に真実を書け。」と脅したと主張しています。

 

 

監督は弁護士を通じて、木曜日にイタリアの通信社ANSAに発表された公式声明でこれを完全否定しました。

それによれば、アッレグリは「オリンピコ・スタジアムのトンネルでTuttosportの編集者Guido Vaciagoとの出来事として報告されたものを否定し、それは単に熱い口論であり、その間に彼らはお互いに聞こえるように侮辱しました」と述べています。

声明は「報じられているものは、虚偽である」と続けられています。

Sky Sport Italiaによれば、アッレグリの声明はユベントスの誰からも承認されておらず、また首脳陣の誰もがANSAへの発表前にそれを耳にしていませんでした。

アッレグリサイドの主張に対して、Vaciagoは再び応答しました。

彼は自身の出来事を偽造したとするアッレグリの声明は、元の口論よりもさらに深刻な非難であると主張しています。また、彼には多数の証人がいるとも続けています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓