ユベントス、攻撃陣の補強にサッスオーロのロリエンテをリストアップか!しかしマンナの存在が…



 

【JuveFC.com】

ユベントスとナポリは、手頃な価格で入手可能なサッスオーロのウインガー、アルマン・ロリエンテに注目していると報じられています。

昨シーズン、フランス人選手はセリエAで素晴らしいデビューシーズンを楽しみましたが、ネロヴェルデは厳しいシーズンを経験しており、現在は降格圏内に位置しています。

しかし、先週のインテル戦で見事な決勝点を挙げることで、25歳の選手は自身の実力をカルチョ界に再び思い起こさせました。

したがって、サッスオーロがシーズン終了後に降格したとしても、ロリエンテはイタリアのトップリーグでの未来を持つ可能性があります。

 

 

Tuttosportによると、ビアンコネリはこのウインガーを注視しています。

ユベントスは夏に攻撃部門を強化することを目指しており、サッスオーロの選手を適切なプロフィールとして特定しています。

トリノを拠点とする新聞は、サッスオーロが彼らのスターと別れるために約1200万ユーロの金額を要求するだろうと報じています。

しかし情報源によれば、ナポリも興味を示しており、ジョヴァンニ・マンナがマラドーナスタジアムへの予移籍した後、選手を引き抜こうとしている可能性があります。

ロリエンテは右利きの選手で、通常は左サイドのウイングとしてプレーします。

元レンヌの選手は、2027年6月までサッスオーロとの契約を結んでいます。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓