カンビアーゾ代理人「アンドレアはマニアックな完璧主義である。ユベントス移籍の裏でインテルが…」

 

 

 

 

【JuveFC.com】

アンドレア・カンビアーゾは土曜日に、ユベントスの究極のヒーローとして台頭し、エラス・ヴェローナに対して97分の劇的な勝ち越しゴールを決めました。

モイズ・キーンは2つのゴールが却下されましたが、ビアンコネリは突破口を探し続け、最終的に若手左サイドバックがリバウンドを押し込んで、貴重な勝ち点3を手にしました。

この23歳の選手は2022年にジェノアからユベントスに移籍しましたが、クラブは彼をすぐにボローニャにローン移籍させました。この夏、カンビアーゾはユベントスに戻り、マックス・アッレグリのチームの重要なメンバーとして自己を確立しています。

彼の代理人であるジョヴァンニ・ビアは、クライアントの感動的な瞬間について語り、カンビアーゾのウィングバックとしての旅路をセリエDからトップリーグへのものとして紹介しながら、ユベントスでの長期的な野望を明らかにしました。

ビアは「アンドレアがユベントスのユニフォームで初めてゴールを決めるのを見ることは、非常に喜びを感じました。それはまるで映画のようで、感動の涙が溢れました。」とTuttosportのインタビューで述べました。

「彼が喜ぶのを見ると、一緒に経験したすべてのことが私の頭をよぎりました。 セリエDとCでの年月、十字靭帯損傷、多くの犠牲、しかしトップに上るための決意。」

「ミッドウィークに、彼と私は多くのビデオセッションを行い、動きを研究しています。アンドレアはそのような人物であり、マニアックな完璧主義者だと言えます。」

「彼は決して休むことはなく、最大限にプッシュし続けます。彼はユベントスで15年間プレーしたいと考えています。」

「カンビアーゾはサッカー界の珍種と言えます。別の時代から来た少年であり、娘に紹介する理想的な男性です。」

「彼の人間性の素晴らしさの証拠として伝えますが、彼は私の家に来て食事をするとき、常にテーブルを片付けたがります。」

「アンドレアは非常に礼儀正しく、今の時代にはほとんどいないような健全な価値観を持っています。事実、彼は交渉でお金のことをお願いしたことは一度もありません。」

ビアはまた、インテルがカンビアーゾを獲得しようとしていたが、ユベントスが迅速に行動したことを明らかにしました。

「昨年、ユベントスと契約した翌日にボローニャにローン移籍しましたが、彼は一瞬もためらいませんでした。」

「チアゴ・モッタとの出会いは重要でした。アンドレアはユベントスでプレーするための準備ができた成熟さを持っていました。」

「ケルビーニとマンナは彼に信頼を寄せ、ジェノアから彼を獲得するために約900万ユーロを投資しました。これはインテルとの競争を凌駕する重要な投資でした。」

「インテルのスポーツディレクターであるアウジリオは彼の獲得を熱望しましたが、彼らは取引を成立させることが出来ませんでした。そしてユベントスはうまく差し込むことができました。」

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

エラス・ヴェローナ戦で殊勲の決勝ゴールを決めたイソップ。

獲得に際してインテルとのレースが繰り広げられていた事は知らなかったのですが、ユベントスが貴重な戦力を手にしたことは間違いなく、今後長いスパンにおいて、チームの中心選手に成長してくれるのではないかと期待が寄せられます。

代理人の話によると人柄もホントに「見たまんまの童貞」って感じであり、それゆえに吸収力も高いのではないかと予想します。

何にしても今シーズン、当面はゴルゴとのポジション争いになると思いますが、脱衣麻雀で養っている勝負強さを発揮し、ピッチの上で「ロン!」「ツモ!」「もう一枚脱げや!」と存在感を示して欲しいと願うばかりであります。知らんけど。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...