【ななめ読み】開幕戦に向かうユベントス、中盤3枚はベルナルデスキ、ラムジー、ベンタンクールの並びに…ほか

開幕戦に向かうユベントス、中盤3枚はベルナルデスキ、ラムジー、ベンタンクールの並びに

TuttoMercatoWeb

ウディネーゼとの開幕戦に向かうユベントスだが、中盤3枚はベルナルデスキ、ラムジー、そしてベンタンクールの3枚が並ぶ事になるだろう。

 

 

開幕まで残り2週間となったユベントス(他のチームも同じだけど)。とは言え、やっとこさっとこユーロ決勝組とコッパ・アメリカ組が戻ってきて全員揃ってのトレーニングが始まったばかり。更にここに来て予想外に怪我人も出てきてしまい、「さてどうなる事やら」と言った状態に。

その中でも一番不安を抱えているのが中盤の構成について。池崎が昨シーズンからの累積で開幕戦は出場停止となり、カリメロは手術からのリハビリ中でまだ復帰時期が見通せない状況。更にはラビ彦が膝を痛めて開幕戦はほぼ絶望的に。すでに「開幕戦が終わるまではラノッキアを放出する事ができない」と言われているチームにおいて、ヒロシが中盤に配置するのは「ベルナルデスキ、ラムジー、ベンタンクール」と何ともファンタスティックな名前が挙がっていますが、さてどうなる事やら。

 

  • ラム坊が中盤の底から見事なゲームメイク
  • ゴローが左で仕掛けて見事な先制アシスト
  • 右の主任がハードワークで攻守に渡り勝利の貢献

 

となれば良いのですが、実際には「後半からオジーロ投入で何とかバランスを保ってスコアレスドロー」となる未来もなんとなく見えております。

 

さて、どうなる事やら。

 

 

フィオレンティーナがルガーニに興味を示す

La Nazione

フィオレンティーナはルガーニに興味を示しており、ユベントスもドアを閉めてはいない。しかし、ビアンコネロにルガーニのサラリーである300万ユーロを手助けするつもりはなく、フィオレンティーナはその全てを負担しなくてはならない。

 

アバラル君の移籍により、4番手のセンターバックとして欠かす事の出来ない選手風味となった揉太郎ですが、ここに来てフィオレンティーが興味を示しているとか何とか。とは言え、市場価格と言われる移籍金500万ユーロだけならまだしも、年俸300万ユーロと言う金額はフィオレンティーナにとっても負担である事は間違い無し。現時点では「噂にも満たない噂程度」と言えるでしょう。

 

昨シーズンはレンヌ→エンポリと流されて、その実力を遺憾なく発揮しなかった揉太郎ですが、さて今シーズンはヒロシの下で再度「期待される存在」となるのでしょうか。いや、なりません(即答で)。

 

 

ロナウドはPSG移籍を望んでいる

Corriere dello sport

ロナウドはPSG移籍について考えている。エムバペがレアル・マドリーに移籍した場合、PSGがロナウドに声を掛ける可能性は少なくなく、そうなった場合にはジョルジュ・メンデスと共にPSG移籍の可能性を探る事になるだろう。ロナウドはセルヒオ・ラモスと再度プレーする事を望んでいる。

 

キーちゃんが望んでいるかどうか実際の所は分かりませんが、それ以前にメッシのPSG移籍が濃厚に。となった場合、むしろ「メッシ、ネイマールのふたりに‘’ロナウドを添えて‘’」なんて考えが浮かんできてもおかしくはなく、そして「エムバペのレアル・マドリー移籍」が実現でもしようものならば、それに向けて一気に加速しそうな気がしなくないのは編集長だけでしょうか(更にそこにはイカルディも絡んできそうな気も…)。

兎にも角にもこの段階で「ロナウド→PSG」の噂が出ると言う事は、その可能性もパーヒャク否定する事は出来ず。

 

「火の無い所に煙は立たない」

「毛の無い所に髪の毛は生えない」

 

何が起こってもおかしくないのがメルカートでありコンテの根毛であり。引き続き動向に注視したいと思います。

 

 

ディバラとの契約交渉も大詰めに

Nicolo Schira

明日、ユベントスとディバラの代理人(Antun)は会合の場を持ち、2025年までの3年契約/年俸850万ユーロの条件を提示する予定である。ディバラサイドが要求している年俸1000万ユーロ(+ボーナス)には届かないが、チームは契約更新に自信を見せているようだ。

 

なんだかんだでもう1年くらいはやり取りしている気がしているキュンの契約更新について。ここ最近のドンナルンマやメッシの話があったからではありませんが、やはり双方に契約更新する気があるのであれば、新シーズン開幕前にまとめて欲しいと思うのがファンとしての本音。

シーズンが始まってしまえばナンジャラカンジャラで時間はアッと言う間に過ぎ去ってしまいますし、それこそプレーに集中できない状況に陥ってしまう可能性もあり。確かにキュンにしてみればより良い条件をユベントスから引き出したいんでしょうが、しかしユベントスとしても無い袖は振れず。1000万ユーロでも850万ユーロでも30万ユーロでも最後は気持ちの問題。キュンの漢気に期待するばかりであります。

 

1000万ユーロだろうが850万ユーロだろうが30万ユーロだろうが、ピッチに立てば1人の選手であり、そしてユベントスで勝ちたいと思っている気持ちは一緒ですよ!

 

 

まとめ

「チームに残って欲しい」と言う気持ちをいったん棚に置いたとして、「メッシ獲得からのロナウドも獲得って、客観的に見ても凄く夢があっていいなぁ」って思うんですが、いかがでしょうか?モチのロン、『ここまで補強したのにCL獲れない」までが一つのストーリーではあるのですが。

 

【最新のJuveTube🎥】