デ・シリオ、左太腿内転筋の違和感で戦線離脱へ

今シーズン、クアドラードにポジションを奪われる形となり、出場わずか9試合に留まっているデ・シリオですが、左太もも内転筋の違和感により、検査を受けている事が公式サイトから発表されています。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

記事によると『筋肉に損傷』は確認出来ておらず、今後は経過を見ながらトレーニング復帰のタイミングを見定める事になりそうです。

 

開幕直後から『サイドバックがチームの泣き所』と言わるサイドバックにおいて、ドンキーの"バックアッパー"としても大きな期待を背負っていたユッティですが、現時点では大きなインパクトを残しているとは言えず。シーズン後半戦に向けて巻き返しが期待される中(たぶん期待してるのは編集長含む少数派だとは思うけど)、アバラル君の怪我に隠れてシレっと戦線離脱する辺り、記事を見て「ユッティらしいなぁ」と心がホッコリして来ました。

 

 

 

ホッコリするかい!

 

 

て優香、検査の結果「筋肉への損傷は見つからず」てなっているので『違和感』て書かせて頂いたのですが、一体全体なんなんでしょうね?もしかしたら検査で引っ掛からない程の軽度の損傷なのか、もしかしたら検査で引っ掛からない程度の『(疲労などから来る)筋肉の張り』なのか、もしかしたら検査で引っ掛からない程度の『ゆとり』なのか。

 

いずれにしても、今シーズンはお恥ずかしながらのユッティに頼らざるを得ないチーム状態ではありますので、早期回復を祈ると共に、引き続きユッティの状況をチェキラッチョし続けたいと思います。

 

 

ちなみに、『検査で引っ掛かるゆとり』てあるんですかね?

 

 

 

あるかっ!

 


【編集部より】

連日になりますが、LINEスタンプ第3弾もリリースしました!今回は「16個」入りです。併せてお楽しみ下さい。



メールアドレス