ユベントスで出場機会を与えられないデミラル、1月に向かうはミランか!?

ユベントスで出場機会を与えられないデミラル、1月に向かうはミランか!?

ユベントスで出場機会を与えられないデミラルは不満を抱え、そして選手に対して適正なオファーが届けば、チームはトリノを去る事を容認するだろう。

~Calciomercato.com~

 

今シーズン開幕前、大きな期待を背負ってサッスオーロからユベントスに加入したデミラル。しかし、シーズン序盤で選手に与えられた出場機会は余りにも少なく、1月の移籍市場でチームにとってもデミラルにとっても、双方に対して‘’魅力的なオファー‘’が届けば、トリノを去るだろうと言われております。

所属 出場試合数
2019-20 ユベントス(※) 1試合
2018-19 スポルティング/サッスオーロ 34試合
2017-18 スポルティング 27試合

※=ユベントスは11月14日(16試合終了)現在

シーズン開幕直後、キエッリーニの戦線離脱によりチャンスが与えられると思われたデミラルですが、‘’デリフトの成長を最優先に考えるチーム‘’において、その与えられた出場時間は余りにも短すぎると言わざるを得ません。

 

そして、そのデミラルに興味を示しているのが、「今シーズン開幕前にもデミラル獲得に動いていた」と言われるミラン。ロッソネロは「トルコ人センターバック獲得資金を捻出する為にケシエを放出する」、とまで言われており、1月の移籍市場が開幕するや否や、デミラルに対して攻勢を掛ける可能性もあります。

それまでにデミラルにはチャンスが与えられるのか、それとも今の状態が続き1月にチームを去る事になるのか。今後のサッリの采配、並びに選手自身の動向にも注目したいと思います。

 

 

まとめ

確かに現状では出場機会が限られてるけど、『まずはデ・リフトの成長を第一』と考えた上での‘’ポヌッチ&フトシ‘’だと考えての山下采配であり、ロボが長期離脱となったいま、必ずやアバラル君にも暴れるチャンスが与えらえると思っている。だからこそ、もう少しだけ我慢してもらえないものだろうか。もうちょっとだけ、その時が来るのを待ってくれないだろうか。

まぁ本音を言えば、アゴーニだと不安で不安で超絶不安で夜も眠れないからなんだけど…。

でも意外だったのは、「不満を持っているのが、アゴーニじゃなくてアバラル君」だと言う事。そして恐らくだけど、これまでにその手の記事を目にした中で、こう思った方は少なくないはず。

 

 

 

お前さん、我慢強そうな顔してんのに、文句垂れてんかいっ!

 

 

 

つーか、この手の顔は「無口で無骨」って相場は決まってんだからっ!

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版