【夢の扉】2018-19シーズンCL 決勝トーナメント準々決勝2ndレグ vs アヤックス戦 レビュー

2018-19シーズンCL 決勝トーナメント準々決勝2ndレグ vs アヤックス戦 レビュー

ユベントス 1-2 アヤックス

 


 

夢は叶わぬから夢なのか

 

夢は儚いから夢なのか

 

夢は夢だから夢なのか

 

 

今シーズン、クリスティアーノ・ロナウドと言う絶対的エースを要し、アッレグリ5度目のチャレンジとなったチャンピオンズ・リーグは、昨シーズンに続きベスト8で姿を消す事になりました。

 

1stレグを1対1で終えてホームにアヤックスを迎えたユベントスは、前半28分にロナウドがコーナーキックから先制点を挙げるも、わずか6分後の34分に混戦からファン・デ・ベーグに決められて失点。同点のまま迎えた後半は、ひとつギアを上げたヤング・アヤックスのペースになり、ユベントスは後手に回る展開に。すると、後半22分にコーナーキックからデ・リフトにゴールを許し痛恨の失点。その後、ユベントスは反撃に出る事も許されずこの試合を1対2、アグリゲートスコア2-3で敗れる事になりました。

 

 

一言で表現するならば

 

『力負け』

 

この言葉しか思い浮かびません。

 

止める、蹴る、走る、そしてチーム力。全てにおいてアヤックスが優っており、マンジュキッチ、キエッリーニと言う大黒柱を欠いていたとは言え、そこでどれだけ戦えるかがチーム力であり、今日のメンバーこそがユベントスの底力であったと言う事。完敗以外の何物でもないでしょう。

 

 

 

 

残念ながらユベントス2018-19シーズンにおける、チャンピオンズリーグへのチャレンジはここで幕を閉じる事になりました。今シーズンも様々な試合があり、そこにドラマがあり、そして最後は喪失感を味わう事になりましたが、それでも今シーズン戦い抜いたメンバーには感謝の気持ちしかありません。

多くの喜びと、多くの熱狂と、そして多くの感動をありがとう。あなた達のおかげで、また今シーズンも夢を見ることが出来ました。

 

 

 

 

 

夢は叶わぬから夢なのか

 

夢は儚いから夢なのか

 

夢は夢だから夢なのか

 

 

いや違う。

夢は叶わなくもなく、儚くもなく、そして夢で終わる事もない。心に夢を持ち続ける限りそれは生き続け、諦めぬ限り夢に終わりはない。

夢を捨てないのであれば、また夢の扉を叩きに行こう。夢を諦めないのであれば、夢の扉のノブを回しに行こう。夢を持ち続けるのであれば、夢の扉を開きに行こう。

夢を叶えるために、また手を取り合おう。ユベントスの誇りを握りしめて。

 

 

胸の中に夢がある限り、ボクたちの夢は続いて行く。

白と黒の誇りを持ち続ける限り、ボクたちは夢を叶えるために戦い続ける。

そしてユベントスがユベントスである限り、ボクたちが夢を諦める事はない。

 

 

また来シーズンも付いて行く。

ユベントスの誇りを胸に。

 

夢の扉を開けに行こう。

 

 

 

Fino Alla Fine!

 

Forza JUVE!

 

スポンサーリンク