【覚えてろよ!】2018-19シーズンCL GL第6節 vs ヤングボーイズ戦 採点

2018-19シーズンCL GL第6節 vs ヤングボーイズ戦 採点

布袋の左腕に巻かれたキャプテンマーク。よーく見てみると「Baby」って書いてあるの気づきました?

 

 

 

 

書くかっ!

 

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)


 

コブタン 3.0

エナティア欠場で油断したところに、まさかのコスタるんから危機一髪のお歳暮が届くも、急な事態だった為に触るのが精一杯でした。ほんと、自軍エリア内で出すパスじゃないから、ぷん怒してもいいと思います。

 

クアドラマン 3.0

お大事に。

 

アゴーニ 3.5

パパーニの想いが通じたのか、この試合はなかなかえかったな。

 

ポヌッチ 3.0

2失点目は人工芝でビビったと思うけど、頑丈さだけが取り得なんだから、踏ん張って滑れや。

 

「Oh my スパゲッティ~」って天を仰ぐくらいだったら、滑れや。

 

 

ユッティ 3.0

まさかの新たな刺客:播戸竜二の登場により、マジのdisりを食らう展開に。珍しく入れたセンタリングが結構適当だったけど、それでもあれがユッティの精一杯だってことは先生分かってるから。大丈夫だから。

 

アゴイチ 3.0

アゴイチの顔のパーツと同じように、全体的にギュッてユーベの選手が密集していたからゲームメイクはしづらかっただろうね。つーか、最近調子イマイチだな。

 

 

ベン太 3.0

この試合ではカードを提示されず、連続カレーお代わり記録は4でストップ。まぁ、今日のメンバーの中では頑張っていた方だね。

 

コスタるん 3.0

PK献上に繋がった、『ゴール前横断ウルトラクロス』を除けば、攻撃面では頑張っていた方だと思います。つーか、開幕直後の怖さはどこ言った?むしろ、いまは噴射するかしないか、の方が怖いわ。

 

 

五郎スキー 2.5

播戸竜二に「ベルナルデスキとデ・シリオの右サイドコンビがダメですね」と、まさかのユッティごときと一緒くたにされてしまう屈辱を味わう事に。ただし、月ユベ編集部としては不調の原因は『五郎ヘアーから脱却しようとしたから、五郎の神様が罰を与えた』と考えています。

 

でも、五郎の神様ってなんなんでしょうね。

 

 

布袋 3.0

ツートップになり、若干の窮屈さを感じながらのプレーとなり、持ち前のベイビーさを見せる事は出来ず。ただし、窮屈さを感じたのは自身の顔の大きさも起因していると思いますが、そんな事を言うとホテリスタに怒られそうなので、口にしないようにしておきます。

 

って優香、ホテリスタってなんなんでしょうね?

 

ロナ王 3.0

この試合でCL5ゴール目を叩き出し、6ゴール目を狙ったキュンのミドルに素早く反応し、ノーゴールにする事に成功。『ミスター・チャンピオンズリーグ』として意地を見せた。

 

「ミスター・チャンピオンズリーグは俺だ」と背中が物語っていますね。決勝トーナメントでの爆発に期待です。

 

 

ドンキー 3.0

PK献上は許してやるから、はよ契約延長せーや。

 

ナスJ 3.5

途中出場ながら、月ユベが選ぶ『MON(Man Of the NASU)』に選出。
今朝試合を見てから出社したら後輩も試合をユーベ戦を見ていたようで、会うなり「ミツさん、あのナス、なかなかいいナスですね」て言ってくれて嬉しかったです。

 

コマネチ!ⓒビートたけし

 

 

キュン 3.5

途中出場ながら戦う姿勢を見せて、一矢報いるゴールを決める。ただし幻の同点ゴールを目にしたQGが、怒りの濡れ場がなくなり路頭を迷ったとか迷わないとか。

 

 

 

迷うかっ!

 

 

播戸 竜二 Boo!

俺たちのユッティをバカにしやがって許さんぞ!必ずや、必ずやロナ王が目にもの見せてやるからな!

 

 

 


 

こちらもポチっとよろぴこ。