【真実はいくつだ!?】2018-19シーズン第14節 vs フィオレンティーナ戦 採点

2018-19シーズン第14節 vs フィオレンティーナ戦 採点

消去法ではありますが、「後ろ姿からは見えない」「手に持っていない」「グランドにも落ちていない」と言う事で、『真実はひとつ!』。今日もコブタン・グローブは前からニョキニョキしていたと推測します!

 

 

このくだり、「採点」のコーナーに必要でしたでしょうか…。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)


 

コブタン 4.0

あんだけシュート浴びたら美川憲一にもなりますよね。

 

わかります。わかります。

 

 

ユッティ 3.5

頑張り過ぎなんで、そろそろ離脱すると思います。

 

ポヌッチ 3.5

こう言うのがあるから、ポヌッチから目が離せないのよね。

 

 

ロボ 4.0

バレンシア戦からの連続スタメンで機体の状態が気になったが、心配をよそに1ゴール・1KDD(カクカク・ダンシング・ドリブル)・1薄毛と攻笑に渡り大活躍!

つーことで、珍しいロボのゴール・セレブレーションをご覧下さい。

 

 

決めたでーーー!

 

 

はい、ジャンピングーーー

 

 

 

 

 

バーーー!

 

 

残念ながら跳躍力が超絶足りなかった為に、「ジャンピング・クル・バー!」とショート・バージョンになってしまいましたが、カテゴリで言えばJKBである事は間違いありません。

 

 

慎吾(不良) 3.5

気付いた人もいると思うけど、今日もえげつない剥がし方してたな。あんなん誰も止められんだろ。

 

いまは若気の至りで道を外れていますが

 

 

アッレ八先生との出会いを機に

 

 

その機動力を、いつか正義の為に役立てて欲しいですね。

 

 

 

道外れとらんわっ!

 

 

クアドラマン 4.0

遊び心で始めたであろうクアドラマンの中盤起用だけど、これ編集長何気にお気に入り。確かにゲームを作るタイプではないけど、中盤の底からあれだけ長い距離を走られたら、相手チームも捕まえづらいと思うのよね。ただ、この試合でも長い距離を走ってゴール前に顔を出して、そんでもってお膳立てしてもらって打ったシュートが場外ホームランになってて、やっぱりクアドラマンはクアドラマンだなー、と微笑ましくなりました。

 

ベン太 4.0

大&Jの2本のナスがお休みしている間に出場機会を得て、完全に中盤の中心選手に成長しました。ただ、どうせカレーチケットをゲッツするなら、もう少しエンターテイメント性を持たせて欲しいところ。

 

あなたの尊敬する退場王は、現役を退いて監督になってまでエンターテイメント性を追い続け、そして退場処分を受けてファンを魅了しております。

尊敬しとるかは知らんけど。

 

いや、君は1000%(@カルロストシキ&オメガドライブ)尊敬しとらんだろ。

 

 

松ちゃん 3.0

後方に暴走族のひとがいたんで、バランサーに徹していた感じですな。そんなに目立たなかったけど、いつも通りトボけた顔でいつも通り献身的な守備でいつも通り前屈みになりながらパス出して貢献してたよ。

 

キュン 3.5

背中に飛び乗るとか、こう言うキュンの無邪気な行動にQGは濡れるんだろうね。

 

 

布袋 3.0

この試合は珍しく存在感もなく、ノーベイビーに終わりました。

 

さて、突然ですがクイズです。

ロボのゴール後に駆け寄った布袋は、耳元でなんて言ってるんでしょうか?正解は次回(第4回)のユベらじで発表します。

 

えぇ、月ユベTVへ誘導しようとする嫌らしい手法です。

 

 

ロナ王 3.5

「ずっと出たいマン」だと聞いていたんで、交代に素直に応じてくれて安心しました。

つーか、直接フリーキックが「スカッシュート」になっちゃってるんで、そろそろエグいの頼むわ。

 

 

 

五郎スキー 3.0

久し振りに復帰したので3.5を付けたかったのですが、微妙に髪の毛が伸びてきていて五郎っぽさが減って来ていたので点数もマイナス0.5しました。

 

コスタるん 3.5

良く覚えていないけど、噴射しなかったので3.5。

 

スズキーン 3.5

良く覚えていないけど、最年少なのでサービスで3.5。

 

ピンちゃん 4.5

出場する気ないだろうから、なんか食ってるよね?

 

 

まとめ

レビューでこんな画像用意したんだけど、お蔵入りになったのでここで紹介しておきます。

 

つーか、フィオレンティーナの紫なんでしょうが、まさかのナスの紫になって見事にマッチングーーー!してますな。