【My JUVENTUS】2018-19シーズンCL GL第4節 vs マンチェスター・ユナイテッド戦 レビュー

2018-19シーズンCL GL第4節 vs マンチェスター・ユナイテッド戦 レビュー

ユベントス 1-2 マンチェスター・ユナイテッド

 


 

 

夢のフィールドで目にした

 

夢のような一戦は

 

夢のようなゴールが生まれ

 

そして夢であって欲しいと思わせるような逆転劇で幕を閉じ

 

 

しかしその夢のような時間は

 

決して時計の針を進める事なく

 

一生ボクの心の中で思い出を刻み続ける事だろう…

 

 

 

 

ディバラが、ピアニッチが、キエッリーニが、そしてロナウドが目の前でマンチェスター・ユナイテッドとしのぎを削った一戦は、ユーベ優勢ながらも時たま見せるユナイテッドのカウンターがユベントスゴールを脅かし、一進一退のままスコアレスで前半を終えると、後半25分にボヌッチのロングフィードからロナウドがスーパーゴールを決めて先制。しかし、後半38分にこの日安定したプレーを見せていたデ・シリオに代わってバルザーリが投入されると試合の流れは一転してユナイテッドへ。41分にマテュイディが与えたフリーキックをマタに沈められて同点にされると、3分後の44分には右サイドから放り込まれたフリーキックのボールがアレックス・サンドロのオウンゴールを誘い逆転を許す。直後にマンジュキッチを投入するも、彼に与えられた時間はあまりにも短く、そのまま1対2で悔しいホームでの敗戦となりました。

 

 

 

この日は運良くバックスタンド側の中央前から2列目の席を確保でき、それこそ等身大の選手達を見れただけではなく、その表情や感情や熱量を感じられて、正に自分がアリアンツスタジアムでユベントスの選手と共に戦っている経験をさせてもらう事が出来ました。

 

キエッリーニとボヌッチは鉄壁の守備でユナイテッド攻撃陣を跳ね返し、ピアニッチは巧みな技で試合をゲームメイク。成長著しいベンタンクールは中盤を所狭しと駆け回り、ディバラは攻撃の起点としてユナイテッドゴールに襲いかかる。そしてロナウドは間違いなく世界最高選手である事を見せつけてくれて、今まで日本で見ていた夢のメンバーたちは、そこに存在する事を証明してくれました。

 

 

 

確かに負けてしまった事は残念だったし、この試合の交代を振り返ってみるとそれが必ずしも正解だったとは言えないかもしれないけれど、しかし目の前にいたユベントスのプレーヤーはFINO ALLA FINEのもとに戦い抜いた。

 

我々の目標はグループリーグを全勝する事ではなく、マドリードで行われる決勝の舞台に立ち、そこで勝利を収める事だと思っている。またアッレグリであれば、この日の負けを必ず糧にして次に繋げてくれるだろうし、これまで幾つものタイトルをユベントスにもたらした名将は、誰に言われる事なくその術を持ち合わせているだろう。

そして、チームを後押しすべき我々も下を向いている時間はない。たかだかグループリーグでひつと星を落としただけだ。優勝すべきチームはこれくらいの事で大きく崩れはしないし、これくらいの事で相手チームのサポーターを煽るような事もしない。我々はユベントスなのだ。誇りを胸に、また次の戦いに臨む準備を進めるとしようじゃないか。

 

 

 

 

何十年かが経ち、長い人生を振り返った時にボクは昨日の試合をどう思い出すだろうか。楽しかったのか、悔しかったのか、残念だったのか、それともその時には気持ちが薄れてしまっているのか。これからボクの人生には色々な事が起こり、ユベントスも多くの試合を戦う事になるからそれは分からない。でも、これだけは言える。間違いなくボクはそこにいて、そこでユベントスは戦っていた。それは変わらない事実としてボクの中の思い出に針を落とし、そこで時を刻み続けるだろう。

 

 

 

ボクがいた場所

 

ユベントスが戦った場所

 

ボクたちがいた場所

 

 

 

フィールド・オブ・ドリームス

 

 

素敵な思い出を有難う

 

 

 

 

マイ・ユベントス

 

 

夢の時間を有難う

 

 

 

 

FINO ALLA FINE!