【ドストってやっぱりハゲてたね】2017-18 CL GL第4節 vs スポルティングCP戦 レビュー

2017-18 CL GL第4節 vs スポルティングCP戦 レビュー

見たっしょ!?

見たっしょ!?

 

ドラからの縦パスに抜け出し、そして落ち着いてゴールする姿!

ミカン戦の2ゴールに続き、チームを窮地から救う同点ゴール!

 

まさにエース!

デブなのにエース!

それが俺たちのエース!

 

 

 

つーーーことでーーー

 

 

 

 

ポルコ大明神 御開帳でございます!!!

 

 

 

 

いやー、この試合はお父さん見ていて、さすがに「負けちゃうかな」って思っちゃいましたよ。

でもね、お父さんがこれまで見てきた何十年の中で、こう言った試合をことごとく引き分けに持ち込んできたのよ。だから、前半に布袋の空振りからピンチを招いても、ロボの適当なパスから危ないシュートまで持ちこまれても、後半はユーベペースになっている中で三代目が極めて空回っていても、スポルティングのブルーノ・セザールがテベスに似ていても、お父さんずっと信じてました。

 

そして、残り10分を切ったところでポルコが同点ゴールを決めて、イケイケムードの中ではこう思ってました。

 

きっと逆転は出来ない…。

 

それがユベントス。

我らがユベントス。

 

クラブ創設120周年前夜にこんな試合かますなんて、なんとも愛らしくてたまりませんよ。特にお父さんの胸にグッと来たのが、解説の戸田さんに「この采配が出来るからアッレグリは凄いんですよね」と言わしめた、後半37分のマンダム→スキスキデスキーの交代。

 

 

なのに…。

 

 

スキスキデスキー、全く機能しねぇし… ||||【残】||||(ili′Д`)||||【念】||||

 

 

こう言ったところがたまりません。

御承知の通り、10年振りくらいにユベントスの試合を見るのを再開したのですが、この辺は全く変わってなくて安心しました。

 

あと、試合で言うと「尻袋がいるから左片ケツ状態じゃバランス悪いっしょ」と言う事で、右ケツ扱いでスタメン出場した尻王ですが、怪我明けで今シーズン初スタメンにしてはボチボチやってくれたかな、とは思います。戸田さんも「デ・シーリオがいまいち」って言ってたし、Twitterでも「全然使えない尻だな!」とか「蒙古斑まだ残ってるんだろ!」とか「尻王じゃなくて穴王にするぞ、ゴルァァァ!」とか言われてましたが、エポックが大人の事情で使えない状態である以上、尻王が戻ってきたのは大きいですよ。取りあえず寛大な目で見てあげましょうじゃあーりませんか(突然チャーリー浜風に)。

 

前にも書きましたが、とにかくCLのグループリーグは2位までに入る事。それでミッション完了です。あとは決勝トーナメントに行って、強いチームをばったばったと倒しましょうや!

その前に、オリンピアコスに苦戦するユベントスにもちょっと期待しちゃいますけどね!