【家族のキズナ】2017-18 CL GL第3節 vs スポルティングCP戦 レビュー

2017-18 CL GL第3節 vs スポルティングCP戦 レビュー

ユベントス 2-1 スポルティングCP

いやー、危なかったですね。

最終的には勝ちましたけど、さすがにヒヤヒヤしました。

 

ちょっと試合を振り返りますけど、まずは失点に繋がったシーン。あれって三代目のオウンゴールばかりが注目されてますけど、その前にエナティアが前でチャレンジして空振りしてるんですよね。そこで、昨日のプレビューで紹介したこの関係性を思い出した毒者も多かったんじゃないかな、って思います。

 

 

試合中にも解説の宮内さんが「キエッリーニとベナティアのコンビネーションが良くない」みたいな事を言っていました。確かにエナティアがサザエさんファミリーに入ってなくて、 その辺の関係性で微妙なズレが出た事は事実なんですけど、でもいつものエナティアだったら即座にサザティアに変身して歩調を合わせられたと思うんですよ。

 

では、なぜサザティアにならなかったか。

 

 

それは、すでに橋田ファミリーに入っているからなんですねー(池上彰風に)。

 

さすがにファミリーを移る事は手続き上も、そして仁義的(卓造とピン子への想い)にも簡単ではなく、今回のようなパフォーマンスに繋がった訳です。あとは、結局のところノリスケ枠の松っちゃんとタイコ枠のアゴ2号が一緒にスタメン外れたじゃないですか。それによりタラちゃん枠の三代目がひとりで歩き回ってしまいオウンゴールに繋がった、て言うのもありますね。この辺りを見極められないヒロシには、ちょっと不満が残りました。

 

で、試合に勝つには勝ちましたが、それも含めて全体的には物足りない試合内容でした。ただ、その中でも幾つか見所や次節アウェイ戦での注目すべき点が見つかりましたので、幾つか共有させて頂きます。

 

 

まずは股グリア

スポルティングに股グリアって言う選手がいて、結構苦しめられました。セリエAでもイン毛ビレにやられましたし、ユベントスは下半身系には弱いのかな、と少し不安が残りました。

 

次に右サイドで繰り広げられたドラとアクーにゃーの猫対決。

今回はアクーにゃーにお魚一匹贈呈する感じで押されましたが、最終的には2人がどこかで同じチームとなり『ニャンコスター』を結成できたら1+1が3にも4にもなるな、て将来的な事を考えてました。いや、3にも4にもなりませんね、きっと。

 

で、最後はやっぱりスポルティングのドスト。

結局、この試合ではロボにヘリコプターが着陸してないですよね。これって、実はヘリコプターも着陸を試みたんですけど、上空からだとロボの『H』とドストの『T』の見分けが付きづらくて、最終的には着陸を断念したみたいです。たぶん、今節で気付いた毒者も多いとは思いますが、次節のアウェイ戦ではドストの存在感と、ヘリコプターがきちんとロボに着陸できるかを見てください。ちなみに、ヘリコプターがサッカーの試合中に選手の頭に着陸する理由ってなんなんですかね。まぁ、その辺は深く考えないようにしましょうかね。

 

 

で、ちょっとだけ話が脱線して最後は脱毛キャラで着地しましたけど、最後の逆転ゴールも結局はサザエさんファミリーなんですよ。

確かにデミタコスはスタメン予想に入っていなかったんですが、一応ベンチの『たま枠』には入っていたんです。見た目とかたま風じゃないですか。

だから、やっぱりこの試合はサザエさんファミリーで勝ち取った勝利なんですよね。ただ、そこにヒロシが気付いていたかと聞かれれば恐らくNOだとは思いますが、今後はチームのキズナを考えてメンバー構成してもらえれば、今日は良い授業料になったと思います。

 

えっ、じゃ次節もサザエさんファミリーでスタメン予想図を作るかって?

 

いや、かなり時間かかるんでもうやりません。今回の記事を最後に、毒者のみなさんもサザエさんネタは頭の奥にしまっておいて下さい。

さようなら。