【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


ユベントスとボローニャの関係が悪化!「カラフィオーリの取引に影響が…」



 

【JuveFC.com】

ユベントスは、ボローニャとの関係が最近悪化したため、リッカルド・カラフィオーリを今夏獲得するのに苦労すると報じられています。ビアンコネリはイタリア代表のカラフィオーリをセンターバック陣を強化する主要ターゲットとして特定していました。

この22歳は今シーズン、左サイドバックからセリエAで最も有望なセンターバックの一人に変貌しました。しかし、Il Resto del Carlino の情報によれば、ボローニャは特にユベントスとの関係が過去最低になったため、彼らの貴重な資産を残留させる決断をするかもしれません。

 

 

情報筋によると、ビアンコネリがチアゴ・モッタを引き抜いた方法がボローニャの幹部陣に不快感を与えました。

この41歳の監督は契約が満了していたため、ユベントスはシーズン中に彼との原則合意に達する機会を利用しました。イタロ・ブラジル人は現在ビアンコネリに加入し、ボローニャはヴィンチェンツォ・イタリアーノを彼の後任に据えました。

さらに、ユベントスがエミル・ホルム獲得を目指していることがボローニャをさらに怒らせました。チャンピオンズリーグの新参者はこの夏、スウェーデン代表のホルムを主要ターゲットにしています。しかし、最近の報道によれば、ユベントスはジェノアと協力してスペツィアの選手を獲得しようとしています。

そのため、カラフィオーリの交渉は凍結状態になっています。ボローニャの関係者は再三、この22歳の選手は売却対象ではないと強調しており、特に今の時点でユベントスに彼を譲る気がないと報告されています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓