◆ユベントスを耳で楽しむ「ユベらじ」放送中!◆
【今日のひと言】
ついに、オレのアナタの皆んなのマッティア・デ・シリオの復帰が見えて来ました(1月に戦列復帰予定)。
ファンからはナンジャラカンジャラと言われる選手ではあるものの、現在の3-5-2システムにおいて非常に使い勝手の良い選手であることは間違いなし。

裏エースがピッチに立つ日を、楽しみに待ちたいと思いますが、たぶん待っているのは世界中を見渡しても編集長くらいだと予想します。残念です。





【ショートNEWS】ユベントス、今シーズン限りで満了となるファジョーリとの契約を延長へ!

Gazzetta

昨日、ユベントスはファジョーリの代理人とコンタクトを取り、2023年6月で切れる契約について、2026年まで延長する方向で話が進んだようだ。

ファジョーリはアッレグリの信頼を勝ち得ており、特にシーズン序盤については不可欠な存在だと考えられている。

 

昨シーズンのセリエB最優秀若手プレーヤーを受賞したファジョーリ。

年齢も21歳を迎え「ボチボチとトップで頭角を表す年代」て事もあり、現地からは「今シーズン、ユベントスのトップチームに帯同出来なければ、開幕前に移籍を志願するだろう」とも伝えらる事に。

 

 

そんな中、ポグバの離脱もあり、アメリカツアー3試合のうち2試合にスタメン出場を果たし、更に昨日ヴィラーロ・ペローサで行われたU-23との親善試合においてもスタメンに抜擢。

開幕戦まで残り2試合となったこのタイミングで、ロベッラをアンカーに入れてツヨポンをメッザーラに起用するアイデアもあったかと思いますが、ヒロシが選択したのはツヨポンをアンカー、ファジョーリと小峠をインサイドハーフに配置した並び。

この起用法を見ても、ヒロシがファジョーリに信頼を寄せている事が分かります。

 

 

クレモネーゼから戻った後、「ファジョーリがユベントスに残る事が出来るかはアメリカツアー次第」と言われていた中、このタイミングで合格印が押されたと言っても間違いありません。

となると、開幕までの10日間で気をつける事は3つ

 

  1. アトレティコ戦で結果を残す事
  2. 練習に遅刻してヒロシにキレられない事
  3. 月ユベがナイスーな愛称を付ける事

 

3つ目に関して、実はファジョーリは21歳と言う若さもあって、少しチョリーすな感じがする部分があるのも事実。

月ユベではその辺にも目を付けており、先ずは愛称を「ファジョリー」として、そしてチャラ男と「JUVEXIT(ユベジット)」結成を考えております。

 

 

って優香、ファジョリーもなかなか調理が難しいキャラなので、チャラ男とうまくコラボさせながら活かして行きたいと考えております。

 

でも、「選手を調理する」ってどう言う事なんですかね。知らんけど。



(記事終わり)


◆ユベントスを耳で楽しむ「ユベらじ」放送中!◆


ユベントスに日本人選手を1人連れて来れるなら誰を選びますか?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...