【伝えたいのはこの言葉!】2021-22シーズンCL GL第3節 vs ゼニト戦 マッチレビュー

 

いや、奥さん。ぶっちゃけなんですけど「公式戦5連勝中」って凄い数字であって、それこそチームが調子に乗っている事は間違いないんですけど、サッカーと言う相手のあるスポーツの性質を鑑みると、「そろそろ連勝記録がストップしてもおかしくないタイミング」だと思うんですよね。

 

だからね、奥さん。この試合も「疲労もあるのかチーム全体でもあまり調子よくなさそうだし、ここで引き分けかな」なんて思って見ていたんですよ。実際にチャンスらしいチャンスもほとんどなかったし、童貞臭は届いてもゴールの匂いは全く感じなかったですし。

 

でもね、奥さん。ここで勝つのがユベントスであり、途中出場した後に全く良いところがなかった選手が値千金のゴールを決めるのがユベントス。そして開幕前に「放出しろ」「アッレグリが使う意味が分からない」「怪我がち」「覇気が感じられない」「顔がゆとり」なんて言われていた選手がエクセレントなアシストを決めちゃうのがユベントス。

 

だから、奥さん。編集長が何をお伝えしたいかと言いうと…

 

 

これがユベントス!

 

 

This is ユベントス!

 

 

なのであります!

 

 

 

ひゃっほい!

 

 

そんなこんなで公式戦6連勝を掛けて臨んだゼニト戦。まずはスタメンはこちら!

大方の予想通りヒロシは4-3-3を採用。SKYの直前予想ではカリメロがスタメン入りすると伝えていましたが、池崎、ツヨポン、主任の並びに。そして何と言ってもこの試合のサプライズは『右サイドバック:ユッティ』。「もしかしたらオジーロが怪我?」と先ずはそれを疑ったのですが、r4lxさんの情報によるとオジーロは怪我もなくベンチ入りしているようで、さすがの編集長も「ヒロシさんよ、あんたちょっと贔屓が過ぎるんじゃないかい」と感じた程でしたが、何はともあれ「キックオフ直後からクアマンとオジーロがウォーミングアップをしなくてはならない状況」で試合開始の笛を耳にする事になりました。

 

 

そして試合の方はユベントスがイニシアチブを握りながらも、なかなかゼニトゴールに迫る事ができない展開に。終わってみればポゼッション率も「ユーべ58%対ゼニト42%」だったので、ユベントスが主導権を握っていた事は間違いありません。ただ、なんちゅーか本中華分かりませんが、最終ラインを突破できずにチャンスらしいチャンスはほぼゼロ。唯一挙げるとすれば、後半ユッティが入れたクロスに、ユッティが入れたクロスに、ユッティが入れたクロスに(この後にメインが残っているので3回で容赦しておきました)池崎がヘッドで合わせるも、髪の毛に付いたキャラメルポップコーンが影響したのかシュートは枠の外へ。もどかしい時間が続きました。

【PR】ヨーロッパ・サッカー・トゥデイ 2021-22開幕号発売中! 

 

しかし、そんな流れを変えたのが途中出場のミノルでした。後半13分にゴローに代わり右サイドに投入されるも、相手にボールを奪われるシーンも多く童貞感まる出しのプレーが続き、ファンの頭の中に「クルゼフスキの童貞顔」、じゃなくて「引き分け」の文字がチラついた後半41分。ドンキーout→クアマンinで左サイドに回ったユッティの正確なアシストを、ユッティの正確なアシストを、ユッティの正確なアシストを、ユッティの正確なアシストを、レギュラーであるユッティの正確なアシストを(大事な事なのでしつこく5度言い、更に5度目には少し誇張する表現を加えました)ミノルが頭で合わせて先制!そのままロスタイムを含めた約8分間をしっかりと守り、1対0で勝利を収め公式戦6連勝を記録。そしてチャンピオンズリーグは無傷の3連勝となり、決勝トーナメント進出に向けて大きく前進する事になりました!

※遠目から見ても池崎(写真右奥)の頭にキャラメルポップコーンが付いている事が分かりますね。

 

 

振り返ってみると、疲労もあるのかなかなかボールも人も動かずに停滞した時間が続き、時おり集中力が切れたようなプレーを目にする事も。しかしこの所は強度の高い試合が続き、更に開幕直後に落とした勝ち点を取り戻す為にも「負けられない」ではなく「勝たなくてはならない」と言ったプレッシャーも大きかったと思います。そんな状況でアウェイ戦に臨み、結果を残した事は非常に大きいですし、チームとしても自信になったのではないかと思います。

先ほどもお伝えした通り、試合内容としては決して良くはなかったのですが、しかし「チームの雰囲気」で言えば良好。悪い時間帯でも選手達にストレスを感じている様子もなく、むしろツヨポンや主任、そして途中から入って来たカリメロを中心に試合をコントロールする意思を感じました。スタートダッシュに超絶失敗したチームですが、こう言った戦い方が出来れば自ずと結果も付いて来るでしょうし、トップから少し離されているセリエAにおいても、年が明ける前には首位に肉薄しているのではないかと期待感を持っています。

 

 

とにかく

 

とにかく

 

これがユベントス!

 

 

This is ユベントス!

 

 

を感じる事の試合でございました!

 

 

 

 

つー事でこれでCLは3連勝でがっちり首位キープ!

 

 

つー事でご存知の通り公式戦は6連勝!

 

 

次はインテル退治ですよ、奥さん!

 

 

ここも勝って公式戦7連勝だ!

 

 

 

Forza Juve!

 

【最新のJuveTube🎥】

ユッティを知りたい方はぜひ!😎