月刊News

2018年11月15日のNews

太郎

ユベントスへの移籍が噂されていたバイエルンのハメス・ハメ太郎・ロドリゲスですが、先日行われた練習中に左膝を痛め、「完治までに数週間を要する事から、今年中の復帰は難しいだろう」と現地では言われているようです。

これにより読売マドリーからのレンタル契約も1月に解除され、冬のマーケットで他チームへの完全移籍が成立するかもしれない、との憶測を呼んでおり、今後の展開次第では『ユベントスのロドリゲス』が1月にも誕生する可能性も出てきました。

 

月ユベ編集部としては、先日のACミラン戦後に思わぬ形でリトルロボの画像てってれーして、ロボにチョメ太郎的なポテンシャルを感じ取った後なだけに、『ロドリゲスとロボリゲスで”ハメ太郎チョメ太郎(ハチョメ太郎)”の結成』も視野に入れながら、今後の動向を追っていきたいと考えております。

 

 

2018年11月14日のNews

ローマブランド

ロボ(34)、ポヌッチ(31)、エナティア(31)、熊さん(37)と守備陣のおっさん化が進むユベントスですが、ASローマに所属するCB コスタス・マノラス(27)に興味を示している模様。

 

そしてローマと言えばユベントスと関係が深いチームであり(一方的に獲ってるだけだけど)、最近で言えばアゴイチ、エナティア、コブタニー、そしてひと昔前で言えばエメルソン、フォンセカ、ヴチニッチなどがローマからユベントスに移籍し、実績を残してくれています。あとはワンクッションありましたが、アクイラーニやディ・リービオ、ペルッツィなどローマに所属し、その後いくつかのチームを渡り歩いた後にユベントスでプレーした選手も多数おります。

今回名前が挙がったマノラスに関しても、月ユベとしてはローマ経由の選手としてユベントスに力を貸してくれるのではないかと、淡く切なく期待したいと思います。

 

 

ただ、ローマからユーべに移籍してきた選手で、誰か忘れてる気がするんだけど他にいたかなー。誰か忘れてるかなー。ちょっと思い出せないんで、このニュースはこれで終わりにさせて頂きますね。

 

 

 

 

 

 

ボグバックるの?

先日行われたアリアンツでのマン連戦でも、ユーベサポーターから大きな歓声で迎えられたポグバに関して、元ナポリディレクターのピエールパオロ・マリーノが、マリノりました。

ポグバがユベントスに戻る可能性は十分にあると思っている。ただし、それが1月がベストなタイミングかと聞かれればNOだが、近い将来彼がユベントスに移籍する可能性は高く、そしてユナイテッドの選手としてキャリアを終えるとは到底思えないね。

 

現地で観戦していても、ユベンティーニがポグバに注ぐ愛情の大きさに驚きましたが、とにかくポグバを獲得するには莫大な移籍金が必要となります。その為に中心選手を移籍させて移籍金を捻出するのか、それともトレードと言う形を取るのか、はたまた“ユティユティ詐欺”を働いて工面するのかは分かりませんが、月ユベとしてはベン太のような若手も育ってきている事ですし、中心選手の売却ないしはトレードしてまでの獲得は避けて頂きたいと願います。

 

※『ユティユティ詐欺』=見ず知らずの人に電話をして、『はろー、アイムユッティなんだけど、怪我して治療費が必要になったから、お金を振り込んでちょーだいな』と親族を装い相手を騙す、新しい詐欺の手法。ただし、最初にユッティと名乗ってしまっている事から、相手側の親族にユッティと言う名前の人物がいない限り間違いなくガチャリギリされてしまい、詐欺が上手くいく可能性は極めて低いと言えます。

 

 

 

んな詐欺あるかいっ!

 

 

 

ヒロシ、なんとか賞を受賞

昨シーズンもスクデット、コッパイタリアの二冠を成し遂げたヒロシですが、最も優秀なイタリア人監督に送られる「パンキーナ・ドーロ」を受賞致しました。

 

パンキーナ・ドーロは監督からの投票で選出される賞になり、ヒロシは17票を集めて2年連続の受賞となりましたが、カリアリ監督時代の2008-09、そしてユーべを率いた初年度の2014-15にも受賞しており今回で4回目の受賞。これによりカペッロ、増毛の方のコンテの3回を抜いて歴代単独トップとなりました。

 

 

個人的にはイタリア人とか言う括りじゃなくて、全世界でナンバーワンな監督だと思っていますが、なんにしても俺たちのヒロシがそんな賞を授かるなんて

 

 

ヒロシ、おったまげー

 

 

ですな。

 

 

 

 

 

 

2018年11月13日のNews

ガスコメ(画像注意)

今シーズンもアタランタを率いるガスペリーニが、ロナ王に関してガスペりました。

クリスティアーノ・ロナウドは若手の良きお手本となるだけではなく、チームメイト、そして対戦相手にまで良い影響を与えている。セリエAには彼のようなチャンピオンが必要だったんだよ。

 

非常に有難いお言葉ではあったのですが、「若手のお手本」となった挙句にこんな事故が生じてしまいました…。

 

 

 

ACミランのベラノーヴァとの写真撮影に応じたロナ王でしたが…

 

 

 

右手後方に写るロボが…

 

 

 

Littleロボの姿が…

 

 

 

をいをい、ちょい待って!ちょい…

 

 

 

てってれーーー

 

 

 

どうしても見たい方は、SNSで出回っているんで探して見て下さい。

 

 

月ユベからは以上です。

 

 

 

松コメ

トボケ顔なんで誰からも疲労を心配されていない松っちゃんが、コメりました。

もし1週間ほどの休暇が取れて、海辺の近くで過ごせたりしたら最高だよね。でも金曜日にはフランス代表の一員として試合が待ち構えているし、そんな事が現実的ではないと言う事は理解しているよ。

確かに今シーズンは疲労も蓄積してきているが、どんなコンディションであろうとチームの為に全力を尽くすつもりだ。ただ、マンチェスター・ユナイテッド戦をベンチでスタートした事は助かったけどね。

チームはまだ何も勝ち取っていない。マンチェスタ・ユナイテッド戦の敗戦は払しょくして、また再スタートを切るよ。

 

取りあえず『海辺の近く』って言う所が、「松っちゃんのクセに生意気だぞー」だと思いましたので、それだけは編集長の感想としてお伝えさせて頂きます。あとは松っちゃんは黙っていても超絶頑張るマンだし、顔も超絶トボケてるマンなので、これ以上はなにも求めません。

 

 

月ユベからは以上です。

 

 

ACミラン戦採点 別記事

ACミラン戦の採点をアップしました。

 

 

2018年11月12日のNews

ポルコメ

ユベントス戦では「(PKを)外す」「(赤紙で)消える」「(テッペンが)禿げてる」と、いかんなくポルちゃんぷりを見せたポルちゃんがインスタグラムでコメっていたようなので紹介しておきます。

チームメイト、クラブ、そしてボクを応援してくれているファンの方々に、昨日の試合でのボクの振る舞いに関してお詫びをしたいと思う。

我々は人間であり感情もあるのは確かだ。でも、このような事が二度と起こらない事を皆に誓うよ。

 

PK失敗までは「俺たちのポルちゃん」だったんですが、カレーお代わりで退場となるとそれは「俺たちの知っているポルちゃんじゃない」って感じになっちゃいましたね。ただし、エナティアのマークが厳しかったのもありますが、空回るポルちゃんは嫌いではありません。いや、むしろそれこそ俺たちのポルちゃんだな。

 

 

ACミラン戦レビュー

ACミラン戦のレビューをアップしました。

 

 

2018年11月11日のNews

ポヌッチ、スタメン辞退か?

前日会見でスタメン起用を公言されていたポヌッチですが、自身より「ミランサポーターからのブーイングによるチームへの影響を考え、スタメンを辞退したい旨」をヒロシに伝えたようです。

 

実際にヒロシがこの申し出を受けてスタメンから外すかは分かりませんが、ポヌッチが不在になると後方からのビルドアップとロングフィードがなくなり、攻撃に厚みが無くなる事は確か。とは言え7~8万人からのスタンディング・ブーイングでお出迎えされる事も容易に想像できる事から、今回はナス大あたりがポヌッチに代わり後方からのビルドアップに加わり、更にセットプレーからゴールを決めてくれる事に期待したいと思います。

 

 

 

ナス大?

 

 

 

あえてね。

 

 

 

 

ACミラン戦プレビュー 別記事

ACミラン戦のプレビューをアップしました。

 

 

ロナ王のサンシーロでのゴール数は?

日本時間の明朝、ユベントスはサンシーロに乗り込みミランと対戦する訳ですが、これまでロナ王がサンシーロでプレーした5試合で1点も挙げていない事が分かりました。

  • 2005年3月:ミラン vs マン連
  • 2007年5月:ミラン vs マン連
  • 2009年2月:インテル vs 読売マドリー
  • 2010年11月:ミラン vs 読売マドリー
  • 2016年5月:読売マドリー v sシメオネマドリー

 

2016年5月のシメオネマドリーとの一戦はCL決勝で延長戦でも決着がつかずにPK戦までもつれ、最後のキッカーとしてPKは成功させているもののレギュラータイムでのゴールは記録しておらず。「ミスター・チャンピオンズリーグ」と言われるロナ王が、この5試合でノーゴールと言う事自体が非常に驚きではありますが、それだけサンシーロの地でゴールを挙げる事は難しいと感じとれます。明日のミラン戦でもロナ王へのマークは厳しくなる事は予想されますし、チームとしてはマン連戦での逆転負けを喫した後なだけに何としても勝利を収めたい所。ここはロナ王のゴールにこだわる事無く、キュンでも布袋でもコスタるんでもアゴイチでもナス大でも、誰のゴールでも構わないので先ずはチームの勝利を先決し、チーム一丸となって戦って欲しいと願います。

 

 

 

ナス大?

 

 

 

あえてね。

 

 

 

 

ハマッキータビュー

ユベントスに数々のタイトルをもたらした葉巻が、どこかのインタビューで葉巻りました。

マンチェスター・ユナイテッドにとってあの勝利は「幸運だった」と言えるだろう。85分間守り、そして最後の5分でチャンスをものにした。

アッレグリは世界で最も優秀な監督のひとりである事は疑う余地はない。全ての試合に勝つ事は現実的ではないし、それに彼はチャンピオンズリーグの決勝に2度も進出している。まぁ、他の誰かなどは4度も決勝に進出して1度しか勝てていないけどね(リッピは1994-95にCLを制覇するも、1996-97、1997-98、そして2002-03は決勝で敗れて準優勝に終わっている)。

アッレグリの試合を読む力と選手交代のタイミングは素晴らしいものがある。ユベントスに在籍する20人を超える”ファーストチョイス”を上手くターンオーバーしているね。

 

いま数えてみたら明らかにファーストチョイスが20人もいなかったんですが、誰が外れているかは名誉の為に公言しないようにしておきます。誰かを勘繰り「ピンちゃんは外れてますよね」などと言った憶測の上でのコメント入れないようにお願いします。

 

 

2018年11月10日のNews

そんな事を言ってたのか

マン連戦後にモウリーニョンがユーべサポーターを挑発した事により、ポヌッチとキュンが詰め寄る姿が見られましたが、その際にキュンが何をモウリーニョンに対して言ったかを本人が口にしました。

ボクは彼に対して「そんなジェスチャーをする必要はないだろう」と言って去ったまでさ。決して侮辱するような事は言っていないよ。

 

ポヌッチとキュンが抗議する光景を目にして救われたユベンティーニも多かったでしょう。ちなみにポヌッチが何を発言したかは分かりませんが、月ユベ的には「えっ、もしかして耳を餃子にして笑いを誘ってるの!?って優香、イタリアには餃子がないからもしかしてラビオリ!?俺もそのネタ使っていい?」って言っていたと予想しております。

 

 

 

いくらポヌッチでもそんなん言うかっ!

 

 

 

いや、言いそうだな…。

 

 

 

生意気だな

カリアリ戦の出来がちょっとばかし良かったからと言って、起用方法に不満をたらすなど完全に生意気ティアになっているエナティアですが、現地では「1月のマーケットでミランにレンタル移籍して、夏にそのままミランが買い取る」と報じられているようです。

 

つーか、最初からカル太郎じゃなくてエナティアをポヌっとけば良かったのにね。

 

 

マン連戦採点 別記事

マン連戦の採点をアップしました。

 

 

2018年11月9日のNews

毒者プレゼントやりまーす! 別記事

編集長の現地初観戦を記念して、「ユベントスvsマン連戦記念マフラー」をゲットしてきたのでプレゼントしまーす。こちらよりお気軽にお申込み下さいませ。

 

 

2018年11月8日のNews

マン連戦レビュー 別記事

マン連戦のレビューをアップしました。

 

 

2018年11月7日のNews

マン連戦プレビュー 別記事

マン連戦のプレビューをアップしました。

 

 

採点

2018-19シーズン第12節 vs ACミラン戦 採点

キーパーグローブって、パンツの前に入れるのが定番なのかな?これだと、前からイチモツがニョキニョキって感じで見えるんだよね…。

 

& ...

試合結果

2018-19シーズン第12節 vs ACミラン戦 レビュー

ACミラン 0-2 ユベントス

 

▶選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑・逆引き選手名鑑)

&nb ...

プレビュー

2018-19シーズン第12節 vs ACミラン戦 プレビュー

▶選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑・逆引き選手名鑑)

 

先日のイタリア旅行の際、「ユーべvsカリアリ」と ...

採点

2018-19シーズンCL GL第4節 vs マンチェスター・ユナイテッド戦 採点

この試合でベン太の株が急上昇していると聞いて、一気に株価暴落させたいと思ってしまったのは私だけでしょうか。

 

&#x ...

編集部より

マン連戦記念マフラーをプレゼント!

 

試合には負けちゃったけど、毒者のためにユーべ対マン連戦の記念マフラー(試合の日付入り)を密輸してきたので、プレゼントするよー。モチのロン、新品だし残念ながら正規品だよー。

試合結果

2018-19シーズンCL GL第4節 vs マンチェスター・ユナイテッド戦 レビュー

ユベントス 1-2 マンチェスター・ユナイテッド

 

 

 

夢のフィ ...