【数字でユベントスの情報を見てみよう】2018年10月15日の月刊ユベントスNews

2018年10月15日の月刊ユベントスNews

分かっていると思うけど、「数字」って言っても何かの成功率とか移籍金とかじゃないから。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)


 

56

昨シーズンまでナポリの指揮官としてユベントスと対峙していたサッリ(現チェルシー監督)が、五郎スキーに関してサリりました。

現在、世界最高選手はインシーニェで間違いないだろう。しかし、ユベントスのベルナルデスキもその域に達し始めている。彼の急激な成長には驚かされるばかりだ。

 

ファンとしては嬉しいですが、ソッコーで「チェルシー、ベルナルデスキ獲得に乗り出す」とか出てきそうで怖いですな。

 

 

3ドロ

ユベントスは現在2020年で満了となるメンディとの契約に関して、年俸430万ユーロで延長を打診したものの、「残業時間を含めた労働環境の改善を求める」として、いったんお預けを喰らった模様。

 

ちなみに上記の画像ではヒロシが「NoooOOO!!!あんたが出ていったら、ユッティが左サイドバックになっちゃうかもでしょうがぁぁぁあああ!!!」と口にしております。

 

 

ベ7ティア

昨日のNewsでエナティアがいじけた事をお伝えしましたが、今冬にはユベントスを離れると報道されているようです。

 

今シーズン開幕前にポルちゃん、チンピラーロとこぞって流された後なだけに、月ユベとしてはエナティアまで流されると非常に台所事情がきつくなりますね…。

 

 

デ・リフ10

つーことで、エナティアがチームを離れる可能性が生じ、アゴーニがアゴ以外に伸びが見られない事から、アヤックスのデ・リフトを獲りにかかると言うニュースが流れております。

 

若干19歳ですが、すでにオランダ代表にも選出されているナイス選手だそうです。知らんけど。

 

 

3レンコビッチ

そー言う事で、ユベントスはフィオレンティーナに所属するニコラ・ミレンコビッチへの興味も示している模様。

 

こちらも21歳の若手。すでにセルビア代表にも定着しており、ロシアワールドカップにも出場している実力者のようです。知らんけど。

 

 

ルカ9

CLでは同グループに入ったマン連のルカクがユベントスに関してルカりました。

今シーズンのユベントスは世界でも三本の指に入る強豪チームだ。特別な監督と素晴らしい選手が所属している。

クリスティアーノ・ロナウドに注目が集まるが、他にも良い選手が集まっている。ディバラは印象に残るプレーを見せるし、ドウグラス・コスタはアクセントをつける事が出来る。

確かに厳しいグループではあるけどれ、我々がトップ通過をするよ。

 

ユーべにはロナ王、キュン、コスタるん以外にも、慎吾ちゃん、アゴイチ、五郎スキー、ナス大、ナスJと言ったナイス・プレーヤーとナス・プレーヤーが揃ってるんで、そこんとこ4649!

 

 

ホテ1

現在の契約が2020年6月で切れる布袋ですが、ユベントスは2022年までの契約延長を提示する模様。

 

この画像、乗っているのがキュンとクアドラマンだから笑顔ですが、ユッティ、エナティアあたりが誤って乗ったりしたら、速攻で愛の平手ビンタでしょうね。

 

そう言えば、マンジュキッチの最初の愛称って「和田アキ子」だったな…。

 

 

ヒロ4

いまや「世界ナンバーワン薄毛監督」とも称されるヒロシですが、モウリーニョんの指揮下で低迷するマン連からお誘いがあったものの、お断り差し上げた模様。

 

俺たちのアッレグリョんはそう簡単には渡せませんよね。

 

 

 

まとめ

残るは「2」「8」だったので適当なニュースで無理やり埋めようと思ったのですが、いつも以上にやっつけになりそうなので止めておきました。

 

つーか、逆に良く8つの数字を埋め込んだわ。頑張ったぞ、編集長!