【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


シティで居場所を失うカンセロ、古巣のインテルとユベントスに売り込みか!しかし移籍金は高額の…



 

【JuveFC.com】

元ユベントスとインテルのサイドバックであるジョアン・カンセロは、マンチェスター・シティで必要とされなくなったことから、かつての2つのクラブのいずれかに戻ることを心待ちにしています。

ポルトガル人選手は彼のポジションで世界的に最も影響力のある選手の1人と見なされています。この30歳の選手は元々右サイドバックですが、反対側のフランクでもプレーすることができます。

しかし、マンチェスター・シティの監督であるペップ・グアルディオラは彼のスキルにもはや興味を持っていません。そのため、選手は過去2シーズンをバイエルン・ミュンヘンとバルセロナの間でレンタルで過ごしました。

しかし、バルセロナは彼のサービスを恒久的に維持することができなかったため、カンセロは今年夏に新しいクラブを見つける必要があります。

 

 

したがって、La Stampaによると、カンセロの代理人であるジョルジェ・メンデスは、彼のクライアントを古巣のインテルとユベントスに売り込んでいます。

このポルトガル代表選手は、2017/18シーズンにバレンシアからインテルにレンタル移籍しました。その後、クリスティアーノ・ロナウドの移籍を促進させる有名なトランスファーでトリノに完全移籍しています。

カンセロはユベントスでたった1シーズンを過ごした後、ダニーロとの交換でマンチェスター・シティに移籍しました。

それでも、プレミアリーグの王者はベンフィカの下部組織出身の選手との決別に2500万ユーロを要求しています。さらに、選手の高額な給与が別の障害になる可能性があります。

しかし情報源によれば、選手は移籍を推進するために給与を減額する準備ができていると報じられており、イタリアに戻り競争力のあるクラブでプレーしたいという強い意志を示しています。

一方、ユベントスはポルトガル人をローン移籍で再び獲得する可能性を検討しています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓