【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


ユベントス、キエーザ放出となればユナイテッドのジェイドン・サンチョを獲得か!



 

【JuveFC.com】

ユベントスは報道によると、今夏マンチェスター・ユナイテッドのスター、ジェイドン・サンチョをローンで獲得する計画を立てています。

この24歳の選手は以前、マンチェスター・シティやボルシア・ドルトムントでの印象的なパフォーマンスから世界の最も輝かしい若手才能の一人と考えられていました。

レッドデビルズは2021年に彼を獲得するために多額の移籍金を支払いましたが、その移籍はまだ成果を上げていません。

 

 

昨シーズン、サンチョはシーズン初期にエリック・テン・ハーグ監督との間で軋轢を生じ、その後ドルトムントにレンタル移籍するまでベンチ外に置かれていました。

したがって、オランダ人監督が契約延長を受けてオールド・トラフォードに留まることになる中、このイングランド人ウインガーは再びクラブを去る準備をしています。

Corriere dello Sportによると、ユベントスはサンチョを両サイドを強化するための主要ターゲットとして特定しており、特にフェデリコ・キエーザがクラブを去ることでそのポジションを強化したいと考えています。

選手の契約は2026年6月に満了するため、プレミアリーグの巨人は彼の価格を5000万ユーロに設定しました。しかし、ビアンコネリは選手をローンで獲得することを望んでいます。

それに対してマンチェスター・ユナイテッドは基本的に反対ではないものの、両クラブは購入の形式で合意に達することができていません。

ローマの新聞が説明するように、ユベントスは任意の買い取りオプションを挿入したいと考えていますが、ユナイテッドはそれを義務にしたいとしています。

情報源はまた、ユベントスがマンチェスター・ユナイテッドのもう一人の移籍希望のウインガー、メイソン・グリーンウッドには興味がなくなったと報じており、ドルトムントのカリム・アデイエミがショートリストに入っていることを明らかにしています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓