【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


コープマイネスを狙うユベントス、獲得は移籍市場が閉まるギリギリのタイミングで…



 

【JuveFC.com】

トゥーン・コープマイネルスは、2024/2025シーズンの開始前にユベントスが行う最後の中盤の補強として期待されています。

ビアンコネリは最近の数週間で活発に移籍市場に参入しており、既に1人のミッドフィールダーと1人のゴールキーパーを獲得しています。

報道によれば、彼らはニースからケフレン・テュラムの獲得で合意に達しており、数日以内に正式に発表される予定です。

 

 

ユベントスはこれらのサインで中盤を刷新し、さらにコープマイネルスの獲得を計画しています。

オランダ人選手は彼らの関心を認識し、加入の意向を示していますが、アタランタは彼の移籍について約6000万ユーロを要求しています。

Tuttomercatowebによると、ビアンコネリはそれよりはるかに少ない金額を支払いたいと考えていますが、ラ・デアはその価格を堅持しています。これにより、ユベントスは資金を調達するために何人かの選手売却を行う必要があります。

レポートによれば、オールドレディは移籍ウィンドウの終盤まで待つ可能性があり、もしコープマイネルスに他のクラブから関心がなければ、アタランタが価格を引き下げることを期待していると伝えています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓