【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


カラフィオーリを逃したチアゴ・モッタ、ロカテッリのCBコンバートを検討か!



 

【JuveFC.com】

ユベントスの新監督であるチアゴ・モッタは、リッカルド・カラフィオーリを逃した後、オプションを検討しており、これがマヌエル・ロカテッリにとって驚きを与える可能性があります。

イタロ・ブラジル人は、彼のボローニャ時代の弟子とトリノで再会したいと願っていましたが、イタリア代表選手はアーセナルへ向かうようです。

そのため、新しいビアンコネリの監督は守備の解決策を見つけなければなりません。

しかし、グレイソン・ブレーメルのポジションは確保されているようですが、モッタはこのブラジル人の傍らにビルドアップに加担できるセントラルディフェンダーを望んでいます。

 

 

Gazzetta dello Sportのジャーナリスト、ジョヴァンニ・アルバネーゼによると、ユベントスはヤクブ・キヴィオルの獲得を試みるかもしれません。

ポーランド人選手はカラフィオーリが加入したことでアーセナルでのスペースが少なくなる可能性があり、ビアンコネリは彼を買取オプション付きのローンで獲得する可能性があります。

この24歳はすでにスペツィアでモッタの指導の下でプレーした経験があります。

しかしアルバネーゼはまた、いくつかの解決策についても言及しています。

元ボローニャの監督は、ダニーロを守備ラインにおけるプレーメーカーに変えることを決断するかもしれませんが、彼はまた、フェデリコ・ガッティやチアゴ・ジャロといった選手に興味を持っており、プレシーズン中に彼らを試したいと考えています。

それでも、最も驚くべき提案はロカテッリをディフェンスラインに下げることです。

この26歳は元々Box to Boxのミッドフィールダーですが、マックス・アッレグリは過去3シーズンで彼を守備ラインの前でプレーするレジスタとして起用してきました。

しかし、ドウグラス・ルイスやケフレン・テュラムがチームに加わったことで、ロカテッリはもはやミッドフィールドでの完全な先発メンバーとは見なされなくなりました。

それでも、モッタは依然としてこの元サッスオーロのスターを高く評価し、プロジェクトの一環と考えています。

彼がロカテッリを未知の領域で試したいかどうかはまだ見定める必要があります。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓