【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


ラビオはユベントスから届いた契約延長の提案に返答をしておらず、スペインでプレーする夢を…



 

【JuveFC.com】

アドリアン・ラビオはもはやユベントスの選手ではなく、クラブからの契約提案に対して返答をしていません。

ユベントスは今シーズン以降も彼を残したいという意思を明確にしています。しかし、ビアンコネリは彼が去る可能性があることを長らく認識しています。

最後の契約提案では、彼にシーズン当たり最大700万ユーロのネット収入を約束し、リーグで最高の給与を提示しています。

 

 

このオファーが届いているにもかかわらず、ラビオはユーロ2024でフランス代表として戦いながらまだ返答していません。

ビアンコネリはドウグラス・ルイスの獲得を完了し、ケフレン・テュラムの獲得も予定しています。彼らはラビオが去ることを知っているようです。

Calciomercato.comの報告によると、彼のサインを獲得する新たな有力候補チームが浮上しており、レポートによれば、このミッドフィールダーはレアル・マドリードでプレーする夢を抱いています。

彼はロス・ブランコスが動くのを待っており、トニ・クロースの後任としてラビオを獲得する可能性があります。クロースはスペインのクラブを去る意向を発表しています。

最近数週間にわたりACミランの興味もあったにも関わらず、マドリードがラビオのサイン獲得の新たな有力候補となっています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓