【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


Fabrizio Romano「ユベントスはシュチェスニーのトリノでの時間は終わったと見なしている」



 

【Fabrizio Romano】

ユベントスは、ヴォイチェフ・シュチェスニーのトリノでの時間は終わったと見なしており、ポーランド人ゴールキーパーの解決策を見つけようとしています。

ビアンコネリは2週間前からアル・ナスルとの契約が停滞していますが、引き続き落とし所を模索し続けています。

新GKのディ・グレゴリオは金曜日にユベントスと契約する予定です。

 

これまで長きに渡りユベントスのゴールマウスを守ってくれたコブタンに「戦力外」を突き付けるような格好になっており、ファンとしては何とも胸が痛む状況ですが、これもプロの世界であり、仕方ないっちゃー仕方ないのかもしれません。

今シーズン、シャワールームでタバコの焦げた後を目にする度に、コブタンが背中を丸めて吸っていた姿を思い出すかもしれませんね。