【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


チアゴ・モッタはすでに既存選手の去就を決めている。伸び悩むミレッティの将来は…



 

【JuveFC.com】

新しい監督がやってくると、新しいシステムが導入されることがあり、その結果、何人かの選手がその計画に馴染むのに苦労することがあります。

最新の例として、ユベントスはチアゴ・モッタを指揮官に任命しました。このイタロ・ブラジル人監督は、理想的なチームを作るためのプロファイル作りに取り組んでいます。

ユベントスは彼のボローニャでの実績を評価し、アッレグリに代わる監督に任命しました。彼はデビューシーズンでの印象付けを急いでおり、既に何人かの選手の去就を決めています。

 

 

モイズ・キーンとヴォイチェフ・シュチェスニーは既に去るよう指示されていますが、他の選手たちはトリノに残ることになります。しかし、マックス・アッレグリ監督の下でお気に入りだったファビオ・ミレッティ選手の将来は未定です。

かつてのユベントスの監督は、ミレッティにトップチームデビューを飾らせましたが、彼はモッタ監督の下でプレーする資格があることを証明しなければなりません。

Tuttomercatowebの報告によると、ミレッティの将来は揺れ動いており、それはユベントスが新たなミッドフィールダーを獲得したことが要因です。

彼は残留する可能性もありますが、重要なオファーが届けば、モッタ監督は彼の退団について問題なく了承するでしょう。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓