【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


テュラムやコープマイネルス獲得を目指すユベントス、資金調達のためにロカテッリを放出か!移籍先は恩師のいる…



 

【JuveFC.com】

ユベントスは、アタランタのスター、トゥーン・コープマイネルス獲得のために、今夏にマヌエル・ロカテッリを犠牲にする可能性があると報じられています。

オランダ人選手は貴婦人にとってほぼ6か月にわたって執着の的でしたが、ユベントスの提案はラ・デアの評価(6000万ユーロ)に及びませんでした。

ドウグラス・ルイスとケフレン・テュラムの獲得に近づく中でも、ビアンコネリは依然としてコープマイネルスを中盤のパズルの欠けているピースと考えています。

ラ・ガゼッタ・デロ・スポルトによれば、トリノを拠点とする巨人たちは、オランダ人ミッドフィルダーを獲得するためにロカテッリの売却を検討しています。

 

 

情報筋によれば、元サッスオーロの選手は、ルイスとテュラムが加わり、そしてニコロ・ファジョーリが出場停止期間から復帰したことで、もはやアンタッチャブルな存在ではありません。

したがって、ユベントスはオリンピック・マルセイユからのオファーを受け取れば、売却を検討する可能性があります。リーグ・アンのチームは最近、新監督としてロベルト・デ・ゼルビを招集し、彼はサッスオーロ時代にロカテッリとの強固な絆を結んでいます。

この売却はビアンコネリに現金を生み出し、それによってコープマイネルス獲得のオファーを増額するのに役立つでしょう。

ロカテッリは2021年8月にクラブに加入して以来、ユベントスでレギュラーポジションを獲得しています。マックス・アレッグリは彼を自身の戦術システムに欠かせないと考えていました。

この26歳の選手はビアンコネリとの契約が2028年6月まで有効です。

イタリア代表のルチアーノ・スパレッティはユーロ2024のメンバーにロカテッリを招集しないことを選びましたが、アズーリはラウンド16で敗退し、大会を終了させました。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓