【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


ユベントスはグリーンウッドに関心を寄せている。マンチェスター・ユナイテッドは移籍金の割引に応じる可能性が…



 

【JuveFC.com】

イタリアのサッカージャーナリスト、マッテオ・モレットが、ユベントスとマンチェスター・ユナイテッドの放出選手であるメイソン・グリーンウッドとの関連についていくつかの洞察を提供しています。

このイングランド人選手は、ガールフレンドから2022年10月に深刻な告発を受け、その後18か月間苦しい時期を経験しましたが、昨シーズンはヘタフェでのポジティブなローン移籍により、私生活とフットボールキャリアを立て直しました。

 

 

22歳のグリーンウッドはマンチェスター・ユナイテッドに復帰しますが、レッドデビルズはもはや彼との関係継続を望んでおらず、現在の移籍セッションで英国人ウィンガーを売却する意向です。

そのため、グリーンウッドはヨーロッパ各クラブと関連付けられており、マッテオ・モレットはファブリツィオ・ロマーノのデイリーブリーフィングの最新コラムで、ビアンコネリとラツィオがこのイングランド代表選手に興味を示したことを明らかにしています。

しかしこのジャーナリストは、イタリアのクラブが他の競合者に比べて優位に立っているとは考えておらず、彼らが取引の条件や給与などの情報を収集する意図しか持っていなかったと述べています。

さらに、モレットはグリーンウッドが今夏にイタリアに移籍する可能性は低いと考えており、他のリーグに移籍することが予想されるとしています。

グリーンウッドのマンチェスター・ユナイテッドとの契約は来年6月に満了となるため、プレミアリーグの巨人が最終的に割引価格の移籍金を受け入れる可能性があります。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓