【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


ボローニャには「反ユベントス協定」があり、カラフィオーリ売却は困難なものになっている。



 

【JuveFC.com】

アーセナルがリッカルド・カラフィオーリの獲得レースで先行していると報じられており、ボローニャは自らの貴重な資産をユベントスに売却することを好まないようです。

ビアンコネリはこの22歳の選手を、今夏の守備陣強化の主要ターゲットとして確認しています。

さらに、新しいユベントスの監督であるチアゴ・モッタは、昨シーズンにおけるカラフィオーリのサイドバックからセンターバックへの転向で重要な役割を果たし、再び彼を手元に置きたいと考えています。

 

 

しかし、Sky Sportのジャーナリストであるジャンルカ・ディ・マルツィオによれば、アーセナルがトリノを拠点とする巨人たちに対して優位に立っています。

さらに、Corriere dello Sportは、ボローニャはユベントスに売るよりも外国クラブへの売却を好む「反ユベントス協定」があると報じられています。

したがって、エミリアーノのクラブはユベントスがカラフィオーリに対して5000万ユーロ以上の提示をした場合のみ放出可能と考えており、しかし一方で外国クラブとの交渉ではもう少し柔軟に対応するつもりです。

それでも、ボローニャのテクニカルディレクターであるジャンルカ・サルトーリは、夏を超えてカラフィオーリを維持したいと述べています。

「私たちは12か月前にカラフィオーリを引き入れましたが、彼をチームに残したいと考えています。しばらくは、市場の進展を見守ります。」

カラフィオーリはローマのユース出身であり、バーゼルでの経験を経て昨夏ボローニャに加入しました。この22歳の選手はイタリア代表チームのユーロ2024での不振な大会の中でも明るい光でありました。彼はスイスに敗れたラウンド16の試合で出場停止処分を受けていました。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓