【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


ユベントス新監督チアゴ・モッタは4-3-3を採用か!前線には攻撃的な若手3人を…



 

【JuveFC.com】

ユベントスの新監督であるチアゴ・モッタは、来シーズンに若くてエキサイティングな攻撃トリオを立ち上げたいと熱望していると報じられています。

この41歳の指揮官は、マックス・アッレグリの硬直した3-5-2から距離を置き、代わりに4-3-3や4-2-3-1といったタクティカルなシステムを導入するでしょう。

Gazzetta dello Sportのジャーナリスト、ファビアーナ・デッラ・ヴァッレによると、この元ボローニャの指揮官は攻撃のためにエキサイティングなアイデアを考えています。

 

 

モッタは、ドゥシャン・ヴラホヴィッチを中心とする若手の攻撃トリデンテを展開したいと考えており、マティアス・スーレとケナン・ユルディスをサイドに配置する予定です。

一方で、ほとんどの報道は、元インテルやPSGのミッドフィールダーであるモッタがフェデリコ・キエーザにはあまり関心がないという点で一致しています。
それでも、この新任監督はこの夏の補強が終了する前にも攻撃ユニットを構築することができる能力を持っています。

ヴラホヴィッチはユーロ2024での失望を受けつつも、監督の計画の中心に位置しています。モッタは、セルビア人ストライカーが最大限のポテンシャルを発揮できるシステムを構築するつもりです。

ユルディスについては、19歳という若さでトルコ代表のレギュラーとして定着し、毎試合で成長の兆しを見せています。ビアンコネリの幹部陣は、既に2029年までの彼の契約延長に取り組んでいます。

最後に、モッタはスーレにも興味を示しており、彼がフロジノーネが降格したにもかかわらず、ブレイクスルーを果たしたことに注目しています。

このアルゼンチン人選手は長らく移籍が噂されていますが、ユベントスの監督はプレシーズンでウィンガーをテストしたいと考えています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓