【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


Fabrizio Romano「ボローニャは、カラフィオーリを留めることが叶わないと悟った」



 

【Fabrizio Romano】

ボローニャはカラフィオーリを引き留めたいと考えていましたが、その望みは叶わないと悟りましま。選手はユベントスを希望しており、2月の時点で個人合意に達しています。また、監督のチアゴ・モッタとの再会も望んでいます。

ボローニャとユベントスの関係は、現在複雑です。ロッソブルーは、特にプレミアリーグからのオファーを待っています。

 

今シーズンはCLに出場する事から「残留でもオッケー牧場」の構えを見せていたボローニャですが、現在の状況を鑑みると「ムリゲー」だと認識した模様。

あとはカラフィオーリ自身が望むユベントスなのか、それとも高値を付けてくるであろうプレミアのクラブなのか、ですが、編集長としては「本人が望まない形での移籍はパワハラに当たる可能性があるので、ユベントスの方がいいんじゃね?」とのアドバイスをボローニャ幹部陣に送りたいと思います。

 

メルカートハラスメント、略して「メルハラ」。知らんけど。