【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


ディ・グレゴリオ獲得が確実視されるユベントス、シュチェスニーが代わってモンツァに向かう可能性が…



 

【JuveFC.com】 

ユベントスのゴールキーパー、ヴォイチェフ・シュチェスニーは、セリエAにとどまる可能性があり、モンツァが突如として彼の移籍先候補として浮上しています。

33歳のシュチェスニーは7年間トリノで過ごした後、ビアンコネリから離れることになっています。クラブとのサイクルは終了し、ユベントスはミケーレ・ディ・グレゴリオという若手の後継者の獲得を控えています。

 

 

ここ数週間、ポーランド代表GKはサウジ・プロリーグのアル・ナスルでクリスティアーノ・ロナウドと再会するという噂が流れていました。しかし、サウジアラビアのクラブはまだ契約を成立させておらず、他の潜在的な興味に関心を残しています。

イタリアのジャーナリスト、ジャンルカ・ディ・マルツィオによれば、モンツァがシュチェスニーをU-パワー・スタジアムに引き抜くことに夢中です。興味深いことに、これによりユベントスとロンバルディアのクラブが間接的にゴールキーパーを交換することになります。

しかし、この移籍はモンツァにとって簡単なミッションではありません。サウジアラビアのクラブがより豊かな給与を提供できる中での競争を乗り越えなければなりません。

したがって、ディ・マルツィオは、モンツァがシュチェスニーに競争力のある給与を提供するためには、ユベントスの協力が不可欠だと考えています。

シュチェスニーは現在、ユベントスで年間650万ユーロを手にしています。したがって、ユベントスがその取引に応じるかどうか、また、シュチェスニーがイタリアでの時間を延長する意思があるかどうかはまだわかりません。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓