【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


ラビオとの契約が満了となったユベントスは、忍耐強いアプローチを続けている。ユーロ終了前には…



 

【JuveFC.com】

アドリアン・ラビオは6月30日で契約満了となりますが、ユベントスは冷静であり、今後数週間の展開を待ちながら静観しています。

ビアンコネリは、ミッドフィールダーの新契約にサインを求めてきましたが、選手と彼の母親兼代理人であるヴェロニクは、クラブとの連携を延長するか新たな冒険に乗り出すかを決める前に時間をかけています。ilBianconeroによれば、ユベントスも同様に、忍耐強いアプローチを取っています。

セリエAの巨人たちは、フランス人選手に新たな2年契約を提案し、3年目のオプションを持つとともに、年間700万ユーロの純給与を提示しています。給与支出を減らすために努力している幹部陣ですが、それでもラビオに重要な数字を提示しています。

 

 

したがって、もし選手がマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードなどの他のオプションを追求することを決断した場合、ビアンコネリは大きな額を節約し、そのお金を他の運営に活用することができるでしょう。

ユベントスはフランス代表のユーロでの戦いが終了するまでの間に、ラビオ側から答えが届くことを期待しています。

彼らはすでにアストン・ヴィラからドウグラス・ルイスの獲得を発表しており、ニースからケフレン・テュラムをチームに加えるための交渉も進めています。

いずれにしても、ラビオとユベントスは別々の道を歩む可能性がありますが、契約の満了日はこのドラマにほとんど影響を与えないでしょう。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓