【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


Fabrizio Romano「フィオレンティーナはストライカーの最有力候補として、モイズ・キーンに注目している」



 

【Fabrizio Romano】

フィオレンティーナは、新たなストライカーの最有力候補の一人とそて、モイズ・キーンとの交渉を開始しました。

キーンはフィオレンティーナへの移籍に熱心であり、ユベントスとの条件合意に向けて交渉が続く予定です。

彼は現在、ニースとのケフレン・テュラムの取引には組み込まれていません。

 

今シーズン、ノーゴールに終わったアラレですが、来シーズンは「勝負のシーズン」になることは間違いなく、ベロッティが抜けたヴィオラとしても、タッカーの軸としてアラレに寄せる期待は大きなものだと予想されます。

フィオレンティーナが「ピッチに立って40秒で退場」の伝説を思い出さぬうちに、移籍が決まる事を願っています。