【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


ユベントス在籍7年のデ・シリオ、新監督のモッタは放出を決断か!ティモシー・ウェアは攻撃的なウィンガーとして…



 

【JuveFC.com】

新しいユベントスの監督であるチアゴ・モッタは、マッティア・デ・シリオとティモシー・ウェアについての決定を下しました。この41歳の監督は現在、クラブのフットボールディレクターであるクリスティアーノ・ジュントーリと共に、来シーズンのメンバーを決定しようとしています。

TuttoSportによると、デ・シリオはモッタの計画の一部にならないとされています。

この31歳の選手は以前、ACミランで時間を共にした、元ユベントスの監督であるマックス・アッレグリとの間に強い絆がありました。

 

 

この多才なサイドバックは2017年からユベントスに所属しており、契約期間はさらに1年残っています。しかし、モッタは来シーズン彼を頼るつもりはありません。そのため、ジュントーリはこの元ミランの選手を売却し、わずかな移籍金を集めることにします。このイタリア人選手は最近ACLの負傷から復帰し、そのため大半のシーズンを欠場していました。

一方、新しいユベントスの監督はウェアをコンティナッサに留める意向を示していると報じられています。

このアメリカ代表選手は、セリエAでの初めてのシーズンで、スターティングメンバーの座を確保することはできませんでした。それでも、モッタは24歳の選手が彼の4-2-3-1システムで攻撃的なウインガーとして役立つと考えています。

彼はアメリカ代表でしばしば右サイドでプレイすることがありますが、左から切り込む逆サイドのウインガーとしてもプレイすることができます。

この元リールの選手は2028年6月までユベントスと契約しています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓