【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


ヨーロッパ中から引く手あまたのカラフィオーリ、しかし選手本人はユベントスへの移籍を望んでいる。恩師であるチアゴ・モッタの下で…



 

【JuveFC.com】

イタリア代表ディフェンダーのリッカルド・カラフィオーリは、国際レベルでその才能を発揮しており、ユベントスにとってはタイミングが悪い状況になっています。

22歳のカラフィオーリはボローニャでブレイクし、イタリア、ひいてはヨーロッパで最も有望な若手ディフェンダーの一人としての地位を確立しました。

この活躍により、ルチアーノ・スパレッティ監督からユーロ2024の代表に招集され、ローマのユース出身選手はスタメンの役割を任されました。

 

 

カラフィオーリはグループステージで素晴らしいパフォーマンスを見せました。

月曜日の夜、彼はクロアチア戦で守備での素晴らしいプレーを披露し、試合終了間際には前線に駆け上がり、貴重な同点ゴールをアシストしてアッズーリをラウンド16進出に導きました。

しかし、若き選手の活躍がユベントスが今夏に彼を獲得しようとする理由を示す一方で、クラブのミッションを複雑にしているとIlBianconeroは説明しています。

報道によれば、ボローニャはカラフィオーリの毎試合の素晴らしいプレーにより、彼の要求価格を引き上げています。

ユベントスは当初、約2500万ユーロで契約をまとめることを望んでいましたが、これはますます実現不可能になっています。

それでも、選手がビアンコネリに加わりたいという願望が、ユベントスに有利に働く可能性があるとソースは述べています。

イタリアのディフェンダーは、彼を左サイドバックからボールを扱えるセンターバックに転向させた元監督のチアゴ・モッタとの再会を楽しみにしています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓