【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


マルセイユ監督就任のデ・ゼルビがロカテッリ獲得を熱望か!「私はどこへでも彼を連れて行く…」



 

【JuveFC.com】

ロベルト・デ・ゼルビがオリンピック・マルセイユの指揮を引き継いだ後、彼の元教え子であるマヌエル・ロカテッリとの再会に魅力を感じるかもしれません。

この45歳の戦術家は、サッスオーロで共に過ごした時期に、この中盤の選手の成長に重要な役割を果たしました。2人のマペイ・スタジアムでの時代中、ミランの下部組織出身のロカテッリはセリエAで最も有望な若手ミッドフィールダーの一人として台頭し、その後3500万ユーロでユベントスに移籍しました。

 

 

「ロカテッリは私が最も成長するのを楽しみにしていた才能です。私はどこへでも彼を連れて行きます」とデ・ゼルビは最近述べています。

したがって、Gazzetta dello Sportによれば、このイタリア人監督はマルセイユの監督に就任した後、ロカテッリを獲得しようとするでしょう。

この選手はマックス・アッレグリのシステムで3年間レギュラーとして先発しましたが、情報源によれば、来シーズン、特にポジション争いが激化している中、チアゴ・モッタの下で限られた出場時間しか得られないかもしれません。ファジョーリが停止明けで復帰し、重要な役割を求めて競い合うでしょう。

そのため、ビアンコネリは中盤でロカテッリを不要と考え、リーグ・アンのクラブとの交渉に開かれている可能性があります。

このイタリア人ミッドフィールダーは2028年6月までの契約に結び付けられています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓