【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


ラビオ退団に備えるユベントス、ニースのケフレン・テュラム獲得に本腰か!ミリクを交渉の一部に…



 

【JuveFC.com】

ユベントスとニースとの間でケフレン・テュラムとアルカディウシュ・ミリクを含む交換取引が進行中の可能性があります。

TuttoSportによると、ビアンコネリはこの23歳のミッドフィールダーを確保するために積極的に動いています。

このフランス人選手は他のオファーを拒否し、ユベントスだけを志望しており、彼の父親であるリリアン・テュラムが2001年から2006年にかけてトリノでプレーした足跡をたどりたいと考えています。また、インテルを代表する兄のマルクスとの競演も若いミッドフィールダーにとって魅力的に映っています。

 

 

トリノを拠点とする新聞によれば、テュラムの評価額は1500万から2000万ユーロの間にあります。テュラムの契約が来年の夏に切れますが、ニースは彼を引き留めるべく材料をほとんど持っていません。

さらに情報筋は、ビアンコネリがミリクをパッケージに組み込むことでコストを下げられると信じています。

このストライカーはリーグ・アンのクラブにとって魅力的な選手です。

ミリクは現在30歳で、2022年にオリンピック・マルセイユを経てアリアンツ・スタジアムに移籍しました。報告書によれば、ポーランド人の評価額は約800万ユーロです。

したがって、ユベントスはこの取引を成立させたいと考えており、ケフレンを、契約更新を行っていないアドリアン・ラビオの代わりにふさわしい選手と見なしています。

一方で、Gazzetta dello Sportのジャーナリストであるジョバンニ・アルバネーゼによると、テュラムの移籍金と給与の合計は、ユベントスにとってラビオの高額な給与と同じくらいの費用になると説明しています。

ケフレンは父親がエミリアン・クラブのパルマで過ごしていた間に生まれました。彼はモナコの下部組織から台頭し、2019年にニースに移籍しました。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓