【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


伊紙「アルバロ・モラタはユベントスに戻ることを夢見ている。ジュントーリは1200万ユーロの契約解除金を…」



 

【JuveFC.com】

ユベントスのフットボールディレクター、クリスティアーノ・ジュントーリは、アルバロ・モラタの契約解除条項を引き起こすことで、彼を獲得する可能性があると報じられています。

このスペイン人選手は過去に2度、それぞれ2年間トリノでプレーしました。ストライカーはクラブとそのサポーターを心から愛しています。

Corriere dello Sportによれば、モラタは今もなおアリアンツ・スタジアムでの3度目の期間を夢見ています。

 

 

この31歳の選手は現在アトレティコ・マドリードで不満を感じており、クラブとの関係が壊れたと報じられています。そのため、スペイン代表選手は自身がより評価されていると感じる古巣での再加入を熱望しています。

情報筋によれば、ユベントスは選手の希望を叶えるために彼の契約解除条項を行使することで彼を獲得することができます。これには1200万ユーロの費用がかかります。

ジュントーリはモラタをクラブの攻撃部門を強化する正しいプロフィールと考えており、また、ドゥシャン・ヴラホヴィッチのサポート役を任せることが出来ます。この2人のストライカーは2021/22シーズン後半に共にプレーしました。

さらにレポートは、新しいユベントスの監督であるチアゴ・モッタもこの経験豊富なストライカーのファンであると主張しています。

モラタは主にセンターフォワードとしてプレーしますが、マックス・アッレグリは2022年1月のヴラホヴィッチの加入後、彼を左ウィングに配置することもありました。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓