【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


新監督モッタ、スーレを残留させてキエーザを放出か!新チームの戦術には…



 

【JuveFC.com】

マティアス・スーレの運命が劇的に変わる可能性があります。新しいユベントスの監督であるチアゴ・モッタは彼を残留させ、代わりにフェデリコ・キエーザを放出することを考えています。

この若きアルゼンチン人選手は、フロジノーネでのローン移籍中にブレイクスルーのシーズンを経験しましたが、クラブの降格で幕を閉じました。

 

 

しかし、今シーズンの活躍にもかかわらず、この21歳の選手は数ヶ月間に渡り移籍の噂が絶えませんでした。クラブの幹部陣は他クラブから彼への関心が高まっていることを利用し、資金を調達したいと考えていたとされています。

しかし、Gazzetta dello Sportによると、モッタの就任後、状況は劇的に変化しました。

ピンクの新聞が説明するところによれば、イタロ・ブラジル人監督はスーレを賞賛しており、彼をコンティナッサに残したいと考えています。

クラブの上層部は現在、ウィング部門を強化するために動いていますが、モッタはチームを内部から強化できると感じています。

したがって、情報筋が説明するように、アルゼンチン人選手はケナン・ユルディスのレベルで「アンタッチャブルな存在」ではありませんが、彼をユベントスから引き抜くには3500万ユーロ以上のオファーが必要です。

そのため、モッタとクリスティアーノ・ジュントーリは、アルゼンチン人アタッカーをトリノに残すことで合意しました。

代わりに、クラブの管理陣は他の選手を売却して資金を調達する必要があります。その候補としてフェデリコ・キエーザが挙げられる可能性があります。

イタリアのメディアの複数の報道によると、新しいユベントス監督はイタリア代表選手を維持することにはあまり関心がなく、彼を自身の戦術システムに適さないと考えています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓