【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


契約が満了が近づくラビオ「モッタは素晴らしい監督である。しかし、私の将来に影響を及ぼすことは無いだろう」



 

【JuveFC.com】

ユベントスの監督としてのチアゴ・モッタの任命は、アドリアン・ラビオのクラブ残留に影響を与える要因になると広く考えられています。

ビアンコネリは長い間、ミッドフィールダーに契約延長を提案していますが、彼はまだ署名していません。

10日後にはフリーエージェントとなる予定ですが、彼は今後のキャリアに関してユベントスに返答をしていません。

 

 

フランス人選手の存在は大きなものであり、彼の決断が他のミッドフィールドの計画を立てる際に大きな影響を与えることになります。

モッタはかつてPSGでラビオとプレーし、複数の報道によれば、ブラジル・イタリア系の監督はマックス・アッレグリよりもラビオとの関係が良好だと見られています。

これが彼を残留させる助けになるはずですが、フランス代表選手は、彼のキャリアはチアゴ・モッタとは異なるものであると主張して応じています。

Fabrizio Romanoが引用したように、ラビオは次のように述べています。

「チアゴ・モッタについて? 彼は優れた監督です。ボローニャで素晴らしい仕事をしました。私たちはPSGで選手として一緒にプレーしていました。

チアゴにはチアゴ自身のキャリアがあり、私には私のキャリアがあります…だから、今後何が起こるか見てみましょう。

しかし、チアゴ・モッタを選んだユベントスは、正しい選択をしたと思います。」

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓