【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


ユベントスとアル・ナスルはシュチェスニー移籍に関する交渉を再スタートか!問題として残る移籍金は…



 

【JuveFC.com】

数日前、ユベントスとアル・ナスルはポーランド人ゴールキーパー、ヴォイチェフ・シュチェスニーの移籍について話し合いました。サウジ・プロリーグのアル・ナスル側はこの移籍を望んでいます。

話し合いは迅速に進展し、取引が数日で完了すると思われていました。しかし交渉は停滞し、その後の進展はありませんでした。

報道によれば、ユベントスは移籍金をもっと求めており、彼を売却することで多額の資金を節約できるにもかかわらず、少なくとも500万ユーロを求めています。

 

 

一方、アル・ナスルは移籍金として300万ユーロを提示しており、両者とも現時点で交渉を一時停止しており、合意が崩壊する可能性が示唆されています。

ユベントスは他の夏の移籍に取り組んでおり、シュチェスニーはユーロ2020でポーランド代表を支援することに集中しています。

しかし、Tuttomercatowebによると、この取引が再開されて完了する可能性は非常に高いとされています。

アル・ナスルはすでに正GKであるデビッド・オスピナを失っており、シュチェスニーのようなトップクラスのゴールキーパーを獲得する必要があります。

彼らは既に個人的な条件で合意しています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓