【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


ウィングの補強に動くユベントス、マルセイユのドリブラー"ルイス・エンリケ"に注目か!



 

【JuveFC.com】

チアゴ・モッタはユベントスの監督としての任期を、前向きなスタートで切る準備を始めました。

元ボローニャの監督である彼は、過去数シーズンでセリエAで目立つ監督の一人であり、ユベントスでも成功すると期待されています。

ビアンコネリは彼を完全にバックアップし、成功のために必要な選手を提供したいと考えています。また、アストン・ヴィラからドウグラス・ルイスの獲得がほぼ決まりつつあり、彼はモッタ監督の下でミッドフィールドの中心的存在となるでしょう。

 

 

クラブは新監督の追加選手要望にも耳を傾け、モッタはTuttoMercatoWebが報じたようにオリンピック・マルセイユのルイス・エンリケに興味を示しています。

22歳のエンリケは昨シーズンに素晴らしいパフォーマンスを見せ、ボローニャ時代からモッタ監督の注目を浴びていました。今はユベントスに彼を連れてきたいと考えています。

エンリケはリーグ・アンでトップのアタッカーとして認知されています。

ただし、ユベントスはすでに多くのアタッカーを抱えており、モッタ監督はエンリケを迎え入れる前に何人かの選手を放出する必要があるかもしれません。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓